虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2017-10-01 22:13
勉強會
at 2017-09-25 22:44
演説會
at 2017-09-25 22:20
演説會
at 2017-09-25 21:45
素交祭
at 2017-09-04 22:31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

◎ 定例西葛西演説會

第六十三回
 西葛西駅南口演説会

紀元二千六百七十一年七月二十四日

登壇弁士
愛倭塾       青木 仁志 弁士
愛倭塾      石塚 孝男 弁士
愛倭塾      小林 弘典 弁士
愛倭塾      平田佐喜雄 弁士
愛倭塾      山口 秀明 弁士

e0209864_19511015.jpg

e0209864_19513923.jpg

 本日、初登壇の青木弁士は教育に関する勅語奉読と云ふ大役を行つた。初めての登壇と云ふ事もあり、かなり緊張してゐたやうだつたが何とか無事に奉読を終へた。
 降壇してきた青木弁士は上手く出来ないと汗ビツシヨリに爲り落ち込んでゐたが、小林弁士が間違うことなく出来良かつたと誉めてゐた。
 今後期待の出来る事であらう。

e0209864_1953787.jpg

 石塚弁士は現在の為体は戦後教育に元凶はあると語る。そもそも教育と云ふものは知育、体育、徳育の三育が備はつてなし得る事であり、日教組、全教の施す教育現場には全く見られる事はないと云ふ。
 知育、日本の歴史を曲げ偏向教育、大東亜戦争を勝戦國の呼称第二次世界大戦、太平洋戦争などと國の認めぬ呼称を植え付けてゐる。体育、子供達の健康をはかり健全な身体を作るよりも試験に受かる事を植え付けてゐる。徳育に関しては全く云ふに及ばず二千六百七十一年育まれた精神文化を否定我が勝手の個人主義、己さえ良ければ良しとする教育を行つてゐる。此では良ひ國など期待出来やうはない、六十有余年掛け壊されたのであれば六十有余年掛けて元に戻す事をしなければ爲らないと熱く語る。

e0209864_19533478.jpg

小林弁士は、原発問題を取り上げ、放射線量が基準値を越えた牛肉が出荷され既に消費されたと云ふ事だが、此は想定外の事ではなく東電の怠慢に依つて起こした原発事故が原因であり、本来であれば東電が保証するべき事は一般通念である。亦この事に依つて反原発や脱原発運動が起きてゐるが、純粋な気持ちにて安全の爲や子供の爲にと考へる人よりも、一時的な感情や偏つた情報を世論の如く流すマスコミや訳の判らないタレントが、まるで國民の代弁者のやうな振る舞いで発言をしてゐるテレビ番組を鵜呑みにして判断するのは安易ではないだらうか。
 日本の場合、原子力を破棄すると云ふ抑止力を失うのは武装解除するに等しい行爲と云えるでせう。
この原発問題で解散総選挙を見据へての脱原発宣言であれば、國民の支持を集め再び政権を取れば米軍基地問題と同じく、「やつぱり無理でした。」と云ふ事は明白なのです。と訴へる

e0209864_19544815.jpg

平田弁士は、やはり現状の国会審議の中で行はれてゐる、党利党略私利私欲の国難に對する的外れな行ひを取り上げ国会議員の信義を問う。石塚弁士と同じやうに民族の歴史に育まれた教え、教育勅語を否定した教育に元凶があり、今一度、有権者國民が考へ治さなければならないと訴へる。

e0209864_19551873.jpg

 山口弁士は、今現在テレビ新聞メデイアを賑はす話題は、現総理の退陣問題が本當に國を再建させる爲めの問題なのであらうか、今一度皆さんと共に考えてみたい。
 此れは、一民主党内部の御家騒動が起因してゐる事であり、國家として國難に對し政治家、為政者は一致協力し國民に對し其の道を示し對應して行かねばならない。にも拘らず現状の日本はどうであらう。世界中のメデイアを見れば解るやうに日本政府は全く信頼に値しないとされてゐる。何故に是まで信頼を失つたのか、此は一重に國の政治システムがなし得る事であり、このシステムを治さない限り良くは爲らない。システムつまり一部の富裕層の爲め長年掛けて作られたものであり民主主義という美名の下に作られた経済大国と云ふ蜃気楼なのだ。
 皆さんも歴史教育、亦、時代劇映画その他で御存知のやうに殿様がいて家老がいて代官がいて商人、領民と時代劇には良くある話し、然し、その商人が悪徳商人、更に悪代官、官官癒着の家老。「越後屋お主も惡よの~」殿様の知らぬ処で私腹を肥やす一場面のせりふ、これを家老を民主黨菅総理、悪代官を政府各大臣そして官僚に置き換へ、越後屋を東京電力にすれば、「東電屋お主も惡よの~」と現在の日本と全く同じ構図に爲る。
 このやうな構図を壊し改めるとして民主黨は政治主導を掲げたのではないか。確かに、このシステムを構築したのは、自民党が長年掛けて既得権益を守る爲、一部の富裕層と結託し作り上げたもの、然し、民主党はそれを壊すと云い乍、今は民主黨が惡家老、悪代官、悪徳商人東電屋と結託する構図と爲つてゐる
 この構図を作り上げるのを黙認したのは、我々國民、無関心と云ふ事が大きな起因であり、亦、この構図を壊すのも我々國民の責務であると訴へる。

 炎天下の中参加隊員皆さん御苦労様でした。

参加隊員
青木 仁志 隊員
小林 弘典 會長付
石塚 孝男 理事
平田佐喜雄理事長
山口 秀明 會長
[PR]
by iamhide3897 | 2011-07-24 19:57 | 報告 | Comments(0)

◎本厚木南口演説會

皇国同志會
本厚木南口演説會

紀元二千六百七十一年七月十七日

☆登壇弁士☆
皇國同志会会長  花上 功  弁士
愛倭塾會長付   小林 弘典 弁士
愛倭塾理事長   平田佐喜雄 弁士
愛倭塾會長    山口 秀明 弁士
皇國同志会本部長 川原 弘幸 弁士

e0209864_192681.jpg

 七月一七日、定刻一四時、皇国同志會の演説會は花上会長の演説から始まつた。此処の所の原発事故による様々な悪影響、更に全国的に波紋を広げる放射能汚染に、ただ単に脱原発を煽り立てるメディアに振り回され、報道を鵜呑みにするのは安易な考えであり、原発により大きな恩恵を受けたのも事實だと訴へ、メディアの誘導により如何にも原発は惡と印象づけることは決して最善とは云へないと語る。

e0209864_1933173.jpg

 小林弁士も原発問題に触れ、原発が実用化された歴史を説明し、当時の時代背景が原発を後押し現在に至つてゐる。然し乍ら、その原発も事故を起こした事から脱原発と騒がれ反原発運動が起きてゐるが、反原発を唱える者の中には、メディアに振り回され只安易に騒いでいるに過ぎない。安全の爲、子供の爲、中には此を機に己の利権、利益の爲に利用してゐる輩もゐる。
反対するのにも推進するのにも「正義の道理」を持つてしなければならない。此は新渡戸稲造博士の言葉なに、「正義の道理」とは義務の事を指してゐ 。困難に成つた時に突き動かす動機を形として作り上げたのが「義理」であり本来の意味の「義務」であると訴へ、原発問題を考へて行くにあたり、道理と責任を持ち個人単位の利益や感情は抑へて國民の爲、日本の爲にはどうする事が正しいのかと云ふ事を最優先に考へなければならないと訴へる。

e0209864_194982.jpg

 平田弁士は、今現状の國難を乗り越へるのは歴史に学び実戦する事にある。日本人の持つ民族精神は世界に誇る素晴らしいものがあったが、残念な事に戦後教育、民主主義教育に依つて眠りに就いてゐる。
 今、此の國難に立ち向かうには眠れるDNAを覚醒する事にあると訴えへる。

e0209864_1943950.jpg

 山口弁士は、メディアを賑はす話題は現総理の退陣問題が最も大きなものと報道されてゐるが、果たして、本當に國を再建させる爲めの問題なのであらうか、何故に與野黨は、菅総理退陣を迫るのか、確かに国会審議の場に於いて震災對應の不手際、対応の遅れを取り立たされ退陣を迫られた事は周知の事、然し、其れは民主黨政権発足前から予測出来てゐた事であり、今更騒ぐほどの事ではない。
 一致協力し、国政を進めるのが政治家、為政者の努めであるにも拘はらず、政権を取つた途端、民主黨は内部分裂を起こしお家騒動に明け暮れ、当時の鳩山総理は普天間基地問題に於ひて自滅、その後は小沢、菅の内部抗争が続き、東日本大震災、福島第一原発事故と云ふ國難に對する今現在も尚、燻り續け「國難に對し協力」と云ふ事は伺い知ることは出来ない。此は一重に國の政治システムがなし得る事であり、このシステムを治さない限り良くは爲らない。 この政治システムは自民黨政権下に於いて確立されたものであり、其れを解体すると云ふのが民主黨の公約と云つても過言ではなかった。然し民主黨はそのシステムを更に悪化させ現在に至つてゐる。
 このまま進めば此のシステムは自然崩壊するであらう。然し、時間と状況悪化は此まで経験した事のない情況に陥る事は必至である。だが、日本の歴史を紐解けば「神は耐えうる事の出来ない試練は与えない」それほど悠久の歴史に育まれた日本精神文化は強い民族を育て上げたと云ふことに爲る。 
何にでも安易な方向を見るのではなく、必要とあれば面倒くさい、苦しいと云ふ方向を見る事も國を再生させる爲めには必要と訴へる。

e0209864_1952040.jpg

 川原弁士は此までに登壇した弁士の総括をするやうな演説であり。メディアの誘導、原発事故による二次被害、放射能線量問題、更に陰に隠れがちな北方領土、竹島、尖閣諸島、亦、南シナ海に於ける支那の傍若無人な振る舞ひを取り上げ柔らかい語り口調で道行く人々に訴へた。


参加同志皆さん、炎天下のなか御苦労様でした。
[PR]
by iamhide3897 | 2011-07-20 18:55 | 報告 | Comments(0)