虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2017-10-01 22:13
勉強會
at 2017-09-25 22:44
演説會
at 2017-09-25 22:20
演説會
at 2017-09-25 21:45
素交祭
at 2017-09-04 22:31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◎ 定例西葛西演説會

第六十七囘
 西葛西駅南口演説会

紀元二千六百七十一年十一月二十七日

協力團體
 日本赤心社

登壇辯士
 愛倭塾      青木 仁志 辯士
 愛倭塾      石塚 孝男 辯士
 愛倭塾     和泉 英行 辯士
 日本赤心社   米澤 一孝 辯士
 愛倭塾      小林 弘典 辯士
 日本赤心社   曽我 好一 辯士
 愛倭塾      平田佐喜雄 辯士
 愛倭塾     山口 秀明 辯士

e0209864_18255445.jpg

  青木辯士による教育に關する勅語の奉讀
e0209864_1828868.jpg

  石塚辯士
e0209864_18294963.jpg

  和泉辯士
e0209864_18303534.jpg

  米澤辯士
e0209864_18311718.jpg

  小林辯士
e0209864_18321288.jpg

  曽我辯士
e0209864_18325390.jpg

  平田辯士
e0209864_18334787.jpg

  山口辯士
 此処最近のメディアを見れば、増税々々と公僕、為政者の責務を忘れ國民の常識を逸脱した財政観念(金銭感覚)は 目に余るものがある。
 民間であれば財政困難になれば財産を処分し補てんするのが一般的解決方法であらう。然し、日本の公僕は財産を処分するどころか、國民からの搾取を企てゝゐるのだ。而も其の財産と云ふのは國民の血税で得た國の所有物(土地、福祉施設それも必要か疑はれる天下りの温床)である。
 之、感覚は何処からくるものであらう。本来日本人の持つ見返りを求めず行動する士道、武士道精神が希薄に爲つてゐる。否公僕、為政者には消え失せてゐると云はざる負えない。此の様な事を続けてゐれば、更に増税をする事にならざる負えないのである。
 来日してゐるブータン國王は國會、慶應義塾大学にて演説したが、其の内容は日本の民族文化を忘れ西欧文化に惑はされてゐる。ブータン王室が模範とする皇室の遵守する日本の民族文化を思ひ出せと言葉穏やかに「日本人よかくあれ」と叱咤してゐた事を訴へた。



日本赤心社會長他同志皆樣御協力誠にありがたう御座いました。參加隊員皆樣御苦勞樣でした。


参加隊員
青木 仁志 隊員
和泉 英行 隊員
小林 弘典 會長付
石塚 孝男 理事
平田 佐喜雄理事長
山口 秀明 會長
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-27 18:35 | 報告 | Comments(2)

錦の御旗 けんむの會

第九回『憲法無効論公開講座』東京大会・
国会請願 集会・大行進



十一月六日


「拉致された国民・領土・
憲法」を救いだそう!
    国民大集会・大行進


e0209864_2322721.jpg

  天皇請願と云ふ畏れ多い經歴を持つ南出喜久治氏

 錦の御旗を掲げるけんむの會主催と云ふ事で、期待を持つて参加。
参加したものゝ
ウ~ム~愚生等が学んできた事と・・・・・・・・・・・・・・・
違ふ。・・・・・???




参加隊員
   山口 秀明  會長
   平田 佐喜雄 理事長
   小林 弘典 会長付
   和泉 英行  隊員
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-11 18:02 | 報告 | Comments(0)

錦の御旗 けんむの会

第九回『憲法無効論公開講座』東京大会・
国会請願 集会・大行進



十一月六日


「拉致された国民・領土・
憲法」を救いだそう!
    国民大集会・大行進


e0209864_2322721.jpg

  天皇請願と云ふ畏れ多い經歴を持つ南出喜久治氏

 帝都千代田區日比谷公園内日比谷公會堂にて行はれた。
 錦の御旗を掲げる「けんむの會」主催の講演會があり、吉水神社の佐藤素心宮司が會長を務めてをられるとの由。如何なるものかと參じた次第である。

e0209864_22533719.jpg

 防衞廳を更迭された田母神 俊雄氏

 愚生、勉強不足にて吉水神社が如何なる御社なのか知らずにゐた。參加するに當たり事前に調べて見れば由緒正しき神社ではないか。是の事があり期待は大いに増大したのである。
 皇國復古を目標とする我々の活動に保守を全面に掲げる此の集會は良き収穫の有るものと考へ參加した。
 ところが、會場へ入り掲げられた埀れ幕を見て疑問に思うたのであつた。錦の御旗を掲げ、朝敵討伐と云ふ程のところであれば、當然の如く尊皇崇祖であらねばならない。然し乍ら、埀れ幕には殘念ながら何處にもそれらしき文字は見られなかつた。強いて云へば御皇室と書かれてゐたが、其れも二重敬語に當たり失禮である。
天皇、皇室の上に如何なるものも置いてはならないと教へられた。亦、數名の講師が壇上に立ち講演、都議會議員、市議會議員、著名な人物が挨拶に立つた。唯一、大島 竜珉日本皇民黨黨主だけは口にする事は無かつたのは「我が國」「愛國」であり他の人は無暗に聯呼してゐた。 我々民族派陣営から登壇したのは大島竜珉黨主のみであり、「我が國」「愛國」と云ふ言葉は個人主義の己を中心とした語源である。
天皇の國として日本人つまり臣民がゐるのである。我が国とするならば口にした者の國と云ふ事であり大きな間違いとされる。
 日本は神國、神の國である。人皇、天皇の國であり、愛國、愛すると云ふ事は立場が同等乃至以下のものに對し、應用される表現であり本來は崇國であると教へられた。亦、愛國とは聞くところに寄れば明治後期以降に使はれるやうになつたらしいが、其れまでは無ひ言葉であつたと聞く。

 壇上に立つた、鎌倉元市會議員と云ふ女性は教育の事について話してゐたが、「我が國」「愛國」を聯呼してゐた。ならば先づ日本は如何なる國かを教へるべきであり 、教育勅語を略し十五徳にし、其れを本にしてパラオの王樣に擧げた、等と自慢するのは愚生には不快であつた。
 結局、けんむの會は如何なるものかは未だ判斷は付かないが、壇上に上がつた殆どの人は、愚生には尊皇無き保守と映つたのだ。
 此の集會は我々にとつて、否、愚生にとつて良き勉強に成つた。先生と呼ばれる著名な人物であつても、尊皇無き保守は我々皇國復古志す者は在特會の如く私憤で行動する集團とよく似てゐる。我々民族派と云はれる者とは全く違ふと云ふ事が解つただけでも良い經驗と成つた。





参加隊員
  山口 秀明  會長
  平田 佐喜雄 理事長
  小林 弘典 会長付
  和泉 英行  隊員
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-07 23:03 | ぼやき | Comments(0)

欣幸の至り

捨てたものではない。


紀元二千六百七十一年十一月四日


 本日、非常に喜ばしい出來事があつた。
否、喜んで良いのか少々疑問である。と云ふのは、小生、生業の爲め千葉縣浦安へと出掛け其の歸り道、古くから兄と慕つてくれる友人、和歌山在住の家原文夫氏からの聯絡であつた。
 久し振りに聯絡したのは忘れられては爲らないと、近況報告を入れたとの事であつた。暫く近々の出來事を互いに報告し合い、その内ゆつくり逢おうと云ひ電話を切る
 數分後、其の家原文夫氏から又聯絡が入る。何事かと聞けば、今、東名高速道路、下り鮎澤パーキングにゐるのだが、隣に止まつてゐる車がどうしても氣に爲ると云ふ。
 何故に氣に爲るのかと云へば、隣の車は練馬ナンバーで白の輕四輪車、乘つてゐるのは白髪頭で少々毛が薄い八十代前後の紳士だと云ふ。是だけでは何の變哲もない、不振なところは無ひのだが、紳士の隣、助手席に奥方らしき寫眞を乘せ、しつかりシートベルトをしてゐる。更に自分の食べ物を陰膳の如く寫眞の口元へと運んでゐるのだと云ふ。其の仕草樣子が何とも悲壮感漂うと云ふ。
 亦、餘計な事やも知れないが、練馬ナンバーで八十前後の紳士があの樣子では、此處からは自殺の名所富士の樹海が近い。取り越し苦勞かも知れないが、高齢者に對する情況は老齢福祉、年金問題と非常に嚴しい状況下にあり、連れ合いをを亡くした御老人と思へば心配だと云ふ。どうしたものかと聞かれ、小生取り敢えず聲を掛けてみればと云ふが、家原氏が車を降りやうとしたところで、その紳士移動してしまう。更にどうしたら良いかと聞かれ、取り敢へずナンバーを控える様にと云ふ。御殿場インターで降りれば樹海への道と不安になる。降りるかどうか確認した方が良いと追跡を指示はしたものゝどうしたものかと考へる。
 追跡をしてゐる家原氏から見失つたと不安な聲、如何に輕四輪車であつても御殿場の上り坂では、流石に幾ら荷が輕いとは云へ追跡するのは困難である。
 御殿場インター付近を、見渡しても見當たらない。では富士インターまで下り坂なので多少速度は上がるだらうと追跡を指示。
 その間に、今現在個人情報の法律が出來ナンバー紹介が出來なくなつてはゐるが、當局へ問ひ合はせてみる。やはり何も起きてはゐない状態では調べる事は出來ないと云ふ。最後の手段として百十番通報と云ふ事にして、どの様な對應に爲るかは解らないが、このまゝにしておけない、もし何かが起きたとすれば後に後悔する事となるとして、百十番通報をする。
 電話の應對は思つたより良く。やはり所有者を調べる事は今現在出來ないが、静岡縣警と山梨縣警へと警戒を通達するとの事であつた。特に山梨縣警では警戒を強化するとの話しに一安心。
 家原氏に聯絡を入れると、やはり富士インターまで追跡したが見當たらないと云ふ。如何に他人で有れあの樣子を見れば何もしない譯には行かないと云ふ。
 取り敢えず我々の出來る事はした。
自己滿足と云はれるかも知れないが此以上は我々の手には負えない。問題解決と云ふ事には爲らないが、近年の世情を見れば、己の事ばかり他人の事は知らぬ存ぜぬと云ふ風潮の中、他人を思ひやる心を持つ人間が我が身の側にゐたと云ふ歡びが湧いてきた。
 未だ々ゝ捨てたものではない。
日本肇國の理念「八紘爲宇」の教へが生きてゐると感ずる一時であつた。 

 

[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-04 20:18 | ぼやき | Comments(0)

◎ 奉祝参拝

明治節
紀元二千六百七十一年十一月三日
 本日は明治天皇御生誕の日である。

e0209864_271359.jpg


e0209864_282010.jpg


e0209864_29465.jpg


e0209864_2125863.jpg

 本日は、明治神宮の御祭神 明治天皇の御生誕日にあたり、宮中から勅使が参向し、例祭が行はれた。
 多くの人々が参拝に訪れてゐたが、是の中に何人の人が本日は明治天皇の御生誕日と認識してゐるであらう。かく云ふ我々も、是の活動に入る以前は知ろうともしなかつたのだ。不敬と云はれても致し方ない。

e0209864_2161969.jpg

 弓場へ向かう一行と出会う。
e0209864_1459742.jpg


e0209864_14582580.jpg

 祭典日に限らず、十月下旬から境内各所では、これを奉祝して傳統藝能や全國各地の特産品が奉納されてゐた。
 御社殿前では優雅な雅樂に合わせて舞う「舞樂」、西芝地では馬上から矢を射る「流鏑馬」、正參道沿いでは大輪の菊が咲き競う「菊花展」など様々な催し物が行はれ、觀覧する事が出來た。参拜者は秋の爽やかな一日を樂しんでゐた。

e0209864_2174988.jpg


e0209864_2201252.jpg

 宝物殿には歴代天皇現人神物絵他国の重要文化財が展示され拝観するべきと強く思ふ。

e0209864_221828.jpg



参加隊員
  山口 秀明  會長
  平田 佐喜雄 理事長
  小林 弘典 会長付
  和泉 英行  隊員
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-04 02:22 | 報告 | Comments(0)

国民大集会・大行進

第9回『憲法無効論公開講座』東京大会/
国会請願 集会・デモ

11・6 錦の御旗「けんむの会」

今こそ、全国民が結集し「拉致された国民・領土・憲法」を救いだそう!
国民大集会・大行進

国民救出・領土奪還・憲法復権

[日時]
11月6日(日)
受付12:00~
開催13:00~
集会終了15:00~
デモ行進15:30~

[会場]
日比谷公会堂
東京都千代田区日比谷公園1-3
電話03-5532-1522

◎基調講演
南出喜久治先生(弁護士)
・何故奪還できないのか?国民、領土、憲法
・日本の甦りは現状回復論の実践から始まる

◎必需携行品▲日本国旗
デモで掲げるのは「国旗」「錦の御旗」のみ…他の旗はご遠慮ください。
垂れ幕、プラカードはけんむの会指定のもの…各関係団体の旗や垂れ幕等はご遠慮ください。

◎参加費 無料

◎主催
錦の御旗けんむの会
参加希望者予約申込先
吉水神社 宮司 佐藤一彦(素心)まで
電話0746-32-3024
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-04 02:02 | 告知 | Comments(0)

第五十一囘墓前祭

山口二矢烈士墓前祭        「梅窓院」
紀元二千六百七十一年十一月二日


e0209864_0573232.jpg


e0209864_059354.jpg

 奥から水野先生、阿形先生、山口先生、平澤先生、背中は岡田先生。
e0209864_131885.jpg

 山口二矢烈士墓前祭に心ある有志が多く訪れ、烈士を慰霊した。
亦、筆者も参列したかつたのだが、残念ながら生業に追われ叶はず、翌三日午後暗く爲つてしまつたが墓前に手を合はせに行く事が出来た。


参加隊員
   平田 佐喜雄 理事長
   小林 弘典  会長付
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-03 01:04 | 報告 | Comments(0)

朝鮮學校無償化・補助金支給反對運動

朝鮮學校無償化・
   補助金支給反對運動

紀元二千六百七十一年十月三十日

 朝鮮學校無償化・補助金支給と何とも理不盡な事である。朝鮮學校に於いての教育は、文部科學省の指導要綱に叛する教育を行つている事は周知の事だ。極端な例を擧げれば日本に於いて日本を敵國とし工作員を育成する樣な學校に何故に支給しなければならぬのか。
 日本國内に於いては公立、私立と有るが私立には支給されないと云ふ。是では國内に格差が生じ大問題となる。にも拘はらず朝鮮學校無償化・補助金支給とはこれ如何にである。ましてや支給される補助金は國民の税金である。日本を敵視する國の工作員を育成する爲めの資金を何故に支給するのか。
 一般國民に知らせぬ樣、密かに企てられる法案。何としても阻止しなければならないと神奈川縣有志の會が立ち上がる。
e0209864_893917.jpg
 

e0209864_8104356.jpg

 司會は憂国清心同友會、和心塾石田勇樹氏
e0209864_8112459.jpg

 連帯の挨拶 時局對策協議會副議長 山口秀明氏
e0209864_814923.jpg

 連帯の挨拶 維新政党 新風 代表 鈴木信行氏
e0209864_8144757.jpg

 デモ行進中参加者は増へ、最終的には百八十六名にまで増える。
e0209864_8153498.jpg
e0209864_8161260.jpg

e0209864_8171424.gif

 呼び掛け人三銃士、左より國風塾舟橋信一氏、義信塾市村悟氏、護國鐵拳隊海法文彦氏
e0209864_8175936.jpg

 大會総括は大行社木川智氏

參加團體
愛倭塾、維新政党新風、同・神奈川県本部、神奈川縣維新協議會、菊水國防連合、義信塾、皇憂楠心塾、興亜青年義塾、国風塾、護國鐵拳隊、時局對策協議會、社会道徳促進会議、眞皇塾、新風義勇隊、政秀義塾、晴龍義塾、清和行動隊、清和塾、大行社、大日本勝魂社、大日本誠流社、同血社、同・神奈川縣連合、同・泰道社、同・大日本正議党、同・同血新聞社、東方青年連盟、日本赤心社、日本誠龍社、同・加藤塾、日本乃會、日本のこえ社、日本民族青年同盟皇正社皇和塾、福祉政策研究会、防共新聞社、同・埼玉縣支局、同・日本橋支局、瑞穂塾、憂国清心同友会、猶存社、励志社、和心塾
(十月卅一日現在、確認)
參加人數 百八十六名



参加隊員
  山口 秀明  會長
  平田 佐喜雄 理事長
  小林 弘典  会長付
  和泉 英行  隊員
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-01 08:18 | 報告 | Comments(0)

夜襲

  夜襲
紀元二千六百七十一年十月二十九日
 夜襲と云つても竒襲を掛けた譯ではない。同血社河原會長から仙臺清水塾坂田塾長が來ると云ふ話を事前に聞ひてゐた。然らばその時は夜襲を掛けますと事前に云つてゐたのだ。
 坂田塾長は言靈に付いて河原會長の話が聞きたいと陸奥から態々出てきたのだ。爲らば、我々もその貴重な話は聞かねばなるまいと生業を終へてから向かう事となり、夜十時過ぎに同血社事務所を訪れる事と爲つたのである。
 老獪極まりない劃策、而も何度も嵌められた、河原會長にとつては夜襲以外の何ものでもないだらう。然し、その劃策を樂しんでゐるのも事實である。
 この河原博史と云ふ御仁は、問へば知りうる限りの答へを出してくる。而もその問いを歡喜するところがあると云ふ、ある面竒人變人である事は周知の事である。然し、日乘を見る処に寄れば本人至つて真面と思ひ込んでゐる節がある。
 愚生のやうな物臭にとつては、非常に頼もしい百科辭書のやうな御仁であり、更に一々調べる必要はなく十桁の番號を打ち込み、否記憶させたボタンを押し疑問に思ふ事を口にするだけで良ひ。然し、此の百科辭書は偏屈な所があり篤學求道と認めたものにはページを開くが、愚にもつかないものには何も書かれていない表紙の裏を開くと云ふ偏屈者なのだ。兎にも角にも愚生にとつては最新機噐のパソコンよりも頼りに爲るのだ。
 脱綫してしまつたが、夜襲に戻ると言靈の話と云ふ事ではあつたが、我々が行つた時にはその話は既に終はり、我々民族派と云はれる者は、今後如何にするかと云う事に及んでゐた。戰後史觀に捉はれ皇國日本と云ふ國が如何なる國か、臣民と云はれる我々は日本人としての認識さえ失つてゐると云つても過言ではない。大東亜戰爭敗戰により奪はれたのは、領土ばかりではない。
 國體を語り繼ぐ言葉を文字を日本人は奪われた事を氣付ひてゐないと云ふ。其の爲、皇國史觀が薄れ、如何なる國かと云う事を知る術を奪はれ、知る者を排除され如何なる國か見失つてしまつたのだと云ふ。
 聯合國、亦、聯合國司令官マツーサーは日本の國體、民族精神を最も恐れ、日本の歴史書、國書と云はれる書物を全て囘収焼き捨てやうとした。然し、それは叶はず、爲らば讀めなくすれば良いと正當假名遣ひ、正當漢字を現代假名遣ひと云ふ不確かなものに日本教職員組合を使ひ變へてしまつたのだ。此れが我々日本人から知る術を奪つたと云はれる所以である。
 皇國の生い立ちを忘れ臣民としての精神を失い。更に聯合國の推し進める教育と云ふより洗腦を日教組により施され皇國日本を見失つてゐるのが現代人であらう。
 確かに失地領土の奪還は必要であらう。眞の獨立を確立する事も大切である。然し、何を於ひても國を知る爲めに必要不可缺な言語文字を取り戻す事が皇國復古、中興復古の根元であらう。更に話しは中興復古へ進み、其の根本は何かと云ふ事になる。神國日本である以上神である。天照大神の命を受け橿原の地へ都を開き肇國成された人皇、神武天皇より百二十五代今上陛下までの現人神であらう。更に高天原におわす七神神皇の話しに及ぶ頃は午前四時を回つてゐた。こうなると流石に話しはお宅のやうな方向へ進んでゐると皆が笑ふ。 國を憂ひ眉間に皺をよせ熱く語り合つてゐたが、笑いの出たところで限りよく 解散と爲つた。
 帰り道小林同志とも話したが、よりによつて變人ばかりが集まつたものだ。
 河原會長曰く、一介の人道主義者と憚ることなく口にする變人山口秀明會長、其の山口會長の様に為りたいと云ふ、是またとんでも無い變人小林弘典同志、仙台の神懸かり變人坂田昌己塾長、神奈川縣維新協議會の變人護國鐵拳隊・海法文彦氏等々變人の巣窟と化してしまつたと云ふが、其の本人が一番の變人であらう。
[PR]
by iamhide3897 | 2011-11-01 02:05 | ぼやき | Comments(0)