虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

民族派有志聯帶運動
at 2017-05-04 19:24
武藏野御陵
at 2017-05-01 21:07
勉強會
at 2017-05-01 20:55
演説會
at 2017-05-01 16:28
春季例大祭
at 2017-04-22 18:55

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昭和の日

多摩御陵
竝び
武藏野御陵參拜


紀元二千六百七十三年四月二十九日

e0209864_1243257.jpg

e0209864_1246827.jpg

e0209864_12482292.jpg

e0209864_21534163.jpg



本日昭和の日に同血社各團體有志と共に皇國志士聯合有志一同、三條の會とし多摩御陵、武藏野御陵を謹んで參拜。

e0209864_21561079.jpg





修理固成 光華明彩

天業恢弘 天下光宅

天皇彌榮 彌榮 彌榮



謹みて念誦し奉る



e0209864_2204737.jpg



e0209864_226962.jpg




e0209864_1253574.jpg


e0209864_12583069.jpg


一般の家族連れも參拜に訪れてゐた。
[PR]
by iamhide3897 | 2013-04-30 19:29 | 報告 | Comments(2)

◎定例演説会.

第八十三囘定例
西葛西驛南口
定例演説會


紀元二千六百七十三年四月二十八日

e0209864_17575581.jpg

  小林辯士は何時もの如く教育敕語の捧讀を終へ己の主張へと移る。
此處の處の世の中の動きらに安倍政權の動きを捉へ如何に場當り的制作を高じてゐるのか、神代からの日本の素晴しき教へに從ひ政權が行政に携はれば樣樣な問題は其の殆どが解決されるであらうと訴へる。


e0209864_180441.jpg

 平田辯士は何時もの事ではあるが、日本の持つ素晴しき傳統文化に從ひ、次世代をになう子供達に正しい教育を施さなければ成らないと聲を大にし訴へた。
 頻りに安倍政權では教育問題を提示するが現代では教へる側に問題があり、正しい歴史を教へる事ができない。日本教職員組合の教師達は安心し子供を預けるに値しない教師ばかりであり、教師自身が近隣諸國の壓力に歪められた歴史を正しいと想ふ反日教育を受け信じ切つてゐる者ばかりであり、將來を支那の屬國化へ進める若者を育て上げやうとしてゐる共産黨、或いは支那の走狗と成り下がつた民主黨の指示母體として活動する日本教職員組合と云ふ名の似非日本人だと訴へた。



e0209864_1814651.jpg

 中野辯士は苛め問題を取上げ苛められる側にも確かに問題はある。然し苛める側に人としての思ひ遣りがあれば苛め問題の八割は無くなるであらう。兔にも角にも人としての基本、當たり前の事が出來ない教育が日本を駄目にしたと云ふ。基本に立ち返る事が大切であり今こそ働き掛けて行かなければ日本の未來は暗いものに成であらうと訴へる。


e0209864_18346100.jpg

 小林辯士言ひ殘した事があるとして再登壇。
科學的に解決の出來ぬ事も多くある、日本には特に多く、何故なら日本は神國であり目に見えぬ靈的要素が多く働いてゐると訴へた。
e0209864_1855599.jpg

 平田辯士も本日二度目の登壇である。


e0209864_1865632.jpg

ボーイスカウトの少年達に依る緑の羽根募金。
砂漠化する世界の山々へ緑化運動の一貫として力を合せ頑張つてゐた。


e0209864_1872661.jpg

 山口辯士、夫夫の辯士が訴へた事は、日本の精神文化、大和民族の基本は何處にあるのかと云ふ事であらう。戰後、戰勝國である筈のGHQが最も恐れたものは日本の民族精神であり、其の民族精神は何處から來るのか、どの様にして傳へられるのかであつた。
 GHQ最高司令官ダグラス・マツカーサーは日本の精神文化は神道に有りと考へ神道廢止令を出し更に其の文化を傳へる書籍を全て押收し燒却しよふとしたのだ。然し國書とも云はれる書籍をむざむざ燒かれてはなるまいと持ち主は隱し現在に至る譯だが、マツカーサーも唯唯手を拱いた譯ではなく日本教職員組合を使ひ日本の言語を奪ふ畫策をしたのだ。其が假名遣ひを歸る事で有つた。結果周知の通り古書と云はれるものは專門的に勉強しなければ讀めなく爲つてしまつてゐる。
 其等の國書に書かれてゐる事、全ての書籍に關して云へるのは國の基本、亦、人としての基本は全てと云へる程に神代から傳はる文化にあり基本に立ち返れと云ふ事であらう。
 日本と云ふ國は元來神國とされて來た。神代には、伊邪那岐命、伊邪那美命の二柱が天照大御神を御産みになり二柱は更に大神を支へる爲に八百萬の神々を御産みになりました。これが世に言ふ國體であり、天照大御神、直系の子孫は皇族であり八百萬の神々何方かの末裔子孫は我々國民である。つまり、我々は神の末裔子孫である事に恥ぢぬやう、與へられた責務を全うす可く生きなければならない。
 日本人、神の子としての責務とは皇祖皇宗受け繼がれる平和への悲願。
天照大御神が瓊瓊杵尊を高天原から降臨させた際、授けられた

天壤無窮の神勅。
「豊葦原(とよあしはら)の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂(みずほ)の國は、これ吾が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり。
爾(いまし)皇孫(すめみま)、就(ゆ)きて治(し)らせ。
行矣(さきくませ)。寶祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、
當(まさ)に天壤(あめつち)と窮(きわ)まりなかるべし」

當に是れを支へる事こそが我々八百萬の神神の末裔子孫たる國民に與へられた責務であらうと云へるでせう。
 今當に我々の先人が書き遺した書籍に傳へ遺した教へを學ぶ事こそ本來の日本を學ぶ事となり基本に歸る事でせうと聲を大にする。

[PR]
by iamhide3897 | 2013-04-28 18:09 | 報告 | Comments(0)

北海道講演會

「日本の南と北から
  觀た領土問題」


紀元二千六百七十三年四月十四日

e0209864_13213147.jpg

左から山口會長、惠隆之介氏、砂澤陣氏、河原會長、前列中舘會長


  昨日十三日、北海道入りし本日興味ある講演會參加となる。
 以前、同血社會長河原氏から話が有り、旭日會中館會長より御誘いを受

けてゐた講演會が有るとの事で同行する事となつた。

 講演は南と北から觀た領土問題と云ふ事で一部の講師は惠隆之介氏、

沖縄県コザ市(現在の沖縄市)出身。昭和五十三年、防衞大學校管理學

專攻コースを卒業)、海上自衛隊に入隊、海上自衛隊幹部候補生學校、

世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊に勤務した。昭和五十七年に二等海尉

で退官し琉球銀行に勤めた。海上自衛隊勤務の經驗を生かした活動を展

開しているほか、グロリア・ビジネススクール校長、拓殖大學客員教授、

沖繩國際大學非常勤講師を務めてゐる。現在、八重山日報論説委員長。

との經歴を持つ講師である。

 話は聞き手を飽きさせる事のない話術をもつて今迄になひ興味ある話で

あつた。

 沖繩の歴史に就ては十數年毎年沖繩を訪れたが琉球王朝が有つた事、

大東亞戰爭當時激戰の地であつた事、戰後長い間亞米利加の統治下に

あり返還されるまで日本として扱はれず未だ何處かに疏外感を持つ者まで

ゐると云ふ事ぐらゐである。勿論小生は親しみを持つ事は有つても疏外感

は持つてゐない。小生は沖繩に親しみを持つものゝ此れ位の知識のみで

ある。

然し驚いた事に沖繩出身の御仁でも一般的には小生と變はらぬ程度の知

識との事である。

 惠講師の話では琉球王朝は現在の北朝鮮に近いものがあり可也極惡な

條件の元に琉球の民は暮らしてゐたとの事である。亦、戰後沖繩本島の

他大小五百近い島々を露西亞、支那の脅威から守る爲日本側から圖らず

も亞米利加に統治を依頼せざる負へなかつた事實は戰後教育の中、共産

黨が日本教職員組合を使ひ史實を捩ぢ曲げ教へた、否、洗腦したもので

あると云ふ。

 戰後全く力のない日本は本土から離れた沖繩を守る爲に苦肉の策として

亞米利加に委託したものであり戰後復興に知られぬ亞米利加の貢獻が有

つた事をビデオ放映を加へ詳しく説明してゐた。醫療の乏しい沖繩に看護

大學をつくるため盡力した亞米利加人女性がゐた事、娯樂のない子供達

に野球を教へチームを作り道具を寄附、グランドを整備、颱風の爲壞され

た學校を修理、又、教育資金を募金で集め寄附した亞米利加軍將校がゐ

た事。その他樣樣なインフラに貢獻してゐた事は全くと云ふ程に傳へられ

てゐない。

現在、沖繩米軍基地問題で強行發言を繰り返す現仲井間知事は小事に拘

り大事を忘れ、一部の沖繩を重視し日本国家の國益に目を向ける事が出

來ず、共産黨、同和・左翼團體其の後ろに支那の脅威が有る事すら見え

ず其れ等に猿廻しの猿の如く操られる大馬鹿者であり、確かに現知事で

ある以上沖繩を重視する事は必要である。然し、沖繩縣民である前に日本

國民である事を忘れてゐる。沖繩の人間として恥かしいと公言する。

 沖繩の事は餘りにも知らぬ事ばかりで唯唯驚くばかりであつた。

 二部では惠講師と砂澤陣氏の對談であつたが是の砂澤陣氏は「アイヌ

の芸術家」と云ふ枠に嵌められる事のない木彫を専門とする日本の彫刻

家、砂澤ビツキの息子として生まれ、有限会社アトリエ・ビッキを設立し、ビ

ッキ文様を継承した砂澤陣が自ら作る食器などの工芸品の製作する工藝

家である。然し、彼自身もアイヌの血を引く人物で有り乍ら現代アイヌの差

別撤廃運動「北海道アイヌ協會」と利権に群がるアイヌ団体と部落団体・

在日団体との癒着を追及する。

 北海道アイヌ協会札幌支部に、一會員として、修學資金問題、不正經理

問題で、質問状を提出するも、砂澤陣は「札幌支部」を除名される。此のや

うな經歴を持ちアイヌ協會の共産黨、同和・左翼団体其の後ろに支那の關

はり問題を通しアイヌの尊嚴、日本國民の尊嚴について幅廣く活動してゐ

る人物である。

 是の二人の對談を通し沖繩、北海道に日本國民の知る事のない支那、

露西亞の脅威が日本の共産黨、同和・左翼團體を通し迫つてゐる事を強く

感ずるものであつた。

亦、砂澤氏とは講演後尠い時間ではあつたが話をする事が出來た。

小生の故郷夕張にも支那の脅威が迫つてゐるとの事。株式会社アクリフ

ーズ( 雪印集團食中毒事件による經營惡化から、冷凍食品部門を分社化

した子会社「雪印冷凍食品株式會社」として設立 「株式会社アクリフーズ」

に社名変更。ニチロ(現・マルハニチロ食品)により買収され、同社の連結

子会社となる)が夕張工場を造り支那人を多數雇ゐれてゐる。更に株式会

社ツムラも同じく夕張工場を設立大勢の支那人を雇ゐれてゐるとの事、單

なる勞力補強の爲めならば良いが、是れまでの日中外交を觀れば全てと

云へる程に同じ事が繰り返されてゐる。始のうちは民間人、其の民間人を

守る爲と誦して、軍若しくは國家機關が入り込み主權を侵害更には奪つて

しまふ事もある。此の事は南西諸島の島々フィリピンの島を奪つた手口と

全く々であると云ふ。

 此の事は後に夕張の友人阿倍広昭氏に問ひた處、事實であるとの事。

始のうちは日本語が達者な美人が多く夕張の住民にも受けが良かつたが

三~四度入れ替つた後は質の惡い者が多く來てゐる。兔に角行儀が惡い

との事である。今後どのやうに成か危惧してゐると云ふ事であつた。




 今囘の講演會では誠良い勉強をさせて戴

いた。

  惠隆之介氏、砂澤陣氏御二人の講師は

勿論の事、御誘い戴いた旭日會中館洋順

會長そして同行して戴いた河原會長に深く

感謝するものであつた


e0209864_1324989.jpg

[PR]
by iamhide3897 | 2013-04-16 22:12 | 報告 | Comments(0)

出雲大社

出雲大社相模分祠
   御魂祭


紀元二千六百七十三年四月七日

e0209864_13554263.jpg

  祖霊社の前にて


 月頭の日曜日は御魂祭が執り行はれる。
一日遲れだが相原修兄の月日命と相模分祠に祀られる實父の御靈を大國主命を通じ拜する爲め、小林同志と共に參拜に訪れる。

[PR]
by iamhide3897 | 2013-04-09 22:33 | 報告 | Comments(0)