虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

民族派有志聯帶運動
at 2017-05-04 19:24
武藏野御陵
at 2017-05-01 21:07
勉強會
at 2017-05-01 20:55
演説會
at 2017-05-01 16:28
春季例大祭
at 2017-04-22 18:55

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

◎定例演説会

第八十五囘
西葛西驛南口
定例演説會


紀元二千六百七十三年七月二十八日


登壇辯士
愛倭塾會長付      小林 弘典  辯士
愛倭塾理事長     平田佐喜雄 辯士
國士館大學學生     松田 晃平 辯士
盛道烈士會會長    盛  義一 辯士
愛倭塾會長付      小林 弘典  辯士
愛倭塾理事長     平田佐喜雄 辯士
愛倭塾會長       山口 秀明 辯士

e0209864_1924253.jpg

 先月は都議撰の爲め演説會開催が叶はず、二カ月ぶりの開催と爲つた。
 今囘は國士館大學の有望な學生松田君が參加したいと訪れ、久し振りに盛道烈士會盛會長にも參加して戴いた。
e0209864_1948455.jpg

 小林辯士は何時も乍ら日本の國體原理である神道に示される臣民が持つ可き道義道徳は如何なるものであり將又如何に發揮す可きか尠々話しは固いが熱く語る。

e0209864_1932192.jpg

 平田辯士は道義道徳は日本民族の誇であり他民族には如何にしても體得し得ぬものであると熱く語り、日本民族の素晴しさ、優れた民族性をこんこんと談り諭すやうに訴へてゐた。

e0209864_19333712.jpg

 松田辯士は今囘の參議院選擧結果を振返り自民黨壓勝に大きな懸念を抱くものでは有るが、野黨の腑甲斐なさは野黨黨首全てが國を思ふ志の希薄極はまりない事に驚くばかりである。夫夫の黨首が談る稚拙極はまりない話しは國を如何に良くするには如何しなければ爲らぬのかではなく、議席が一つ二つ増えた事に如何にも國民全てが支持したかのやうに自慢氣に話すのである。此は日本の未來を懸念す可き出來事だと聲を大にし訴へる。

e0209864_19343574.jpg

 久々に登壇した盛辯士は參議院撰の結果を期待する事は出來ぬと談り。何故に自民黨一黨だけが勝利したかのやうに爲つたか、考へれば民主黨が政權を取つた時期、國民は民主黨に期待してゐたかと云へば誰一人として期待はしてゐなかつた。今亦、以前と同じく期待するものはをらず消去法で取り敢へず殘つただけで決して自民黨を支持したのではない。では如何にす可きかは日本の歴史上に名を馳せる多くの偉人に學ぶ言葉から拔萃し聽衆に訴へた。

e0209864_19434996.jpg

 本日二度目の登壇となる小林辯士は、通行人が愛倭塾の倭と云ふ字がどの樣な意味をもつものか知つて居るのかと問はれた事に對し壇上から説明をしてゐた。
 是は支那、朝鮮が日本人を貶しめる言葉の一つとして使はれた事は史實の中で十分に理解してゐるが、何も其の誹りを日本人が認める必要は無い。支那、朝鮮から觀て當時の日本は決して劣つてゐた譯ではなく、逆に民族性や道義心には優れていたのである。現在の支那の挑撥や韓國の反日攻勢を觀ても解るやうに其の根本は僻み、嫉み、誹謗中傷誹る爲めに使はれたものである。つまり夫々の民族より優れていたからこそ嫉まれるのであつて本當に劣つてゐるものに對しては云はぬであらう。
 敢えて我々愛倭塾塾生は日本民族の素晴しさを報しめ、其を實踐する事で云はれのない中傷に打ち勝つ爲着けたものであると談る。

e0209864_19452896.jpg

 平田辯士も本日二度目の登壇に、自動販賣機の處で小錢がなく飮み物を買うに難儀する年輩者へ小林辯士が御茶を進呈したところ、鞄から大事に持ち歩く文章を出し、何も御禮が出來ないので爲めになる文章なので受け取つてくれと渡して行つた。其の内容は人として生きるに大切な教えが書かれてゐた。人と人の繋がり、眞心の美しさ、倭の意義を談った小林辯士の行いを讚へてゐた。
 自畫自讚であらうが同じ志を持つ者の行爲を誇らしげに思ふ話しであつた。

e0209864_19461347.jpg

 山口辯士は社會問題と爲つてゐる獵奇的事件を取上げ、本來の民族性に戻る事で全てと云へる程に解決するだらうと談る。
 本來日本の國體と云ふものは天照大御神が居り大神を支える八百萬の神々が存在すると云ふものが國體の基礎である。
 現代に於いては天照大御神の直徑が  天皇陛下であり、八百萬の神々の末裔子孫が臣民である。つまり、日本國民全てが八百萬の神々何れかの末裔子孫に爲るのである。 是が日本の國體其のもので、抑、神の思召に感謝する事から始るのであつて、御成敗式目にある「神は人の敬ひによりて威を増し、人は神の徳によりて運を添ふ」敬ひこそ感謝其のものである。神は其の威を以て更に臣民に徳をなし運を添ふのである。日本語の最も美しい言葉は「ありがたう御座ひます」であるとされてゐるが、是は感謝の言葉である。 日本人の素晴しき民族性は感謝と云ふから始つてゐるのである。
 今、此の感謝と云ふものが悲しいかな民主主義と云ふ美名の基に施された權利のみを主張する個人主義が、全ての物事への感謝を稀薄にさせ日本民族の持つ美徳を徐々に破潰、誇と云ふものを無くさせてしまつたのである。
 つい先日、限界集落山口県周南市金峰(みたけ)で起きた五人殺害放火事件は民族の美徳が稀薄に成つた事に原因してゐる。 確かに殺害放火は許され戲る事では有るが、そこへ至までに大きな問題が有り起る可きして起きた事件であり、民族の美徳が發揮されてゐれば此のような獵奇的事件に發展する事は無かつたのだ。
 曰はば若者が率先し行動する事は當然の事では有るが、其に對し感謝の言葉一つあれば此のやうな事は決して起きる事は無かつた。
 決して限界集落のみに起きる事では無く、現在問題と成つてゐる苛め問題、高齡者への振込め詐欺問題、亦、全ての理不盡な社會問題は、是の民族性が稀薄に成った事が原因と云へるであらうと訴へた。
[PR]
by iamhide3897 | 2013-07-29 13:55 | 報告 | Comments(0)

バーベキュウ

「天地の恩恵食糧と海に」
感謝する集ひ


紀元二千六百七十三年七月十五日

e0209864_207341.jpg

 むさしの倶樂部主催の「天地の恩恵食糧と海に」感謝する集ひに參加した。
 夢の島會場到着、貴田會長へ挨拶すると先づはビキニ環礁での水爆実験「キャッスル作戦」で被爆した第五福龍丸の展示館があり見學を薦められる。當時、放射能の恐ろしさを戦後初めて被爆国日本に再認識させるが如く起きた恐ろしき出来事で有つた。然し乍ら時の経つ毎に其の意識は薄れ、日本国民の間に第五福龍丸の被爆は忘れ去られやうとしてゐる。
e0209864_2081290.jpg

e0209864_208369.jpg

e0209864_209028.jpg

e0209864_2092340.jpg


 東日本大震災も同じく、二次被害として津波による福島第二原發事故を引き起した。其の放射能被害は甚大なものとなつてゐる事は周知の通りであるが、其も又、時と共にに連れ忘れ去られやうとしてゐるのだ。
 第五福龍丸は鰹一本釣り漁船第七時代丸として昭和二十二年誕生(進水)し神奈川縣三崎港を所屬港として全國的水揚げ高隨一の活躍をしてゐた。然し、進水から四年後鮪延繩漁船として生まれ變つた。更に二年後賣却され靜岡縣燒津港にて第五福龍丸と改名した。而、改名から丸一年後に第五次航海出港、昭和二十九年三月一日水爆實驗に遭遇したのだ。被曝の被害は甚大なもので乘組員の治療は當に目に餘る戰ひと云へやう。其の戰ひに全國各地の小中高學校からの激勵文や千羽鶴が多數寄せられ生への戰ふ意識は高まつたと云ふ。亦、鮪漁業には風評被害と云ふ莫大な損害を與へる結果となつた。
e0209864_201007.jpg

e0209864_20121578.jpg

e0209864_20123927.jpg


 今、喉元過ぎれば熱さ忘るると云ふ風潮が蔓延するが、是非來館出來るならば放射能被害の恐ろしさを體感す可く拜觀して頂きたいものである。



扨扨次はバーベキュウ會場へ
e0209864_215023.jpg

e0209864_2150325.jpg

 意識向上と親睦を深める企畫をたて働き掛けた「天地の恩恵食糧と海に」感謝する集ひの親睦部分であるバーベキュウは大勢の有志其の他家族に至るまで集ひ樂しい時を過す事が出來た。


e0209864_2016185.jpg

e0209864_2016455.jpg

 此れ以上の笑顏はないと云ふ顏をしてと頼んだ結果が・・・是の顏
e0209864_20173594.jpg

 笑顏が消えて・・・・・尠々疲れ氣味
e0209864_20181517.jpg

 何を氣取つてゐるのか見合寫眞の如く緊張
e0209864_20184114.jpg

 抽選會に大聲を上げ當選番號を讀上げ當選者へ景品を持つて走り囘り頑張つた二人の若者
e0209864_20192458.jpg

 バーベキュウに大奮鬪のむさしの倶樂部若人達
e0209864_2019453.jpg

e0209864_2020628.jpg

 如何にも抽選に當選したが如く誇らしげに構へる剽輕な御仁。


むさしの倶樂部貴田會長、特に若い人達に

感謝し御苦勞に對し心から勞ふものである。

[PR]
by iamhide3897 | 2013-07-16 20:46 | 報告 | Comments(0)

◎出雲大社参拝

出雲大社相模分祠
大祓竝び御霊祭り


紀元二千六百七十三年七月七日

e0209864_454170.jpg



夏越の大祓式~茅の輪くぐり神事

◎夏越の大祓式

e0209864_6264263.jpg

草山副宮司を先頭に茅の輪くぐり神事
e0209864_6332178.jpg


 大祓式は、年二回、六月の晦日と一二月の大晦日に全国の神社で行はれる神事である。
半年のうちに知らず知らずのうちに心身に附着した罪・穢れを祓ひ落し、残る半年・亦新年を恙なく迎へられるやう祈念する祓の神事ある。

 昨日から泊つてゐた近藤氏も小林氏共共大祓・御魂祭に參加、近藤氏は元來相原修兄の關係から出雲大社の神官資格を持ち常陸分社へ努めてゐた經驗を持つ人物である。當然御魂祭には相原兄の御靈に對し參拜をした。


 祖霊社前にて
e0209864_628440.jpg

e0209864_6295822.jpg

 草山清和宮司と近藤氏常陸分社の思い出話し
e0209864_6305395.jpg

[PR]
by iamhide3897 | 2013-07-10 06:34 | 報告 | Comments(0)

奇人變人

奇人變人大集合

紀元二千六百七十三年七月六日

e0209864_21581198.png

 以前は事ある毎に平澤邸に集つたものだ。平澤翁が勇退後は中々集ふ事もなく時は經つてしまつたが、數日前河原兄と島田兄が小生宅を訪れ夕食を共にした事に味を占めたやうだ。尤も、今度來る時は小生の料理の腕を振つてやると豪語した事もある爲である。
 昨日聯絡があり若者達を連れ行つて良いかと云ふ事である。勿論良いと應へたが流石に八人も集まると成ると準備が必要だ。今朝は仕事はないものゝゆつくりはしてゐられない。何を食べさせるか惱んだ末に豚汁に豚しやぶが手間いらずだらうとして準備に掛かる。先づは庭に喫煙する爲の場所を作る爲、敷物と簡易テーブルを買ふ、次に食材を買ふ爲め夫夫の御店を廻る。
 途中札幌の家内から聯絡、「樂しさう」と云はれ「料理を作るのも食べさせる事も樂しみだが、如何な話しが聞けるか樂しみだ」と應へたが、家内曰く「聲が如何にも樂しさうに聞え」るとの事であつた。
自宅へ戻り早速料理に取り掛かり、肉、野菜の下拵え、普段觀てゐると調味料を多大に振り掛ける傾向の者ばかり、尠々鹽分を控へ臼味に作る事にする。普段身體を動かす事の尠い小生にとつて樂しみながら身體を使ふ事は己自身の爲にも良い事である。
 全て料理の準備が夕方には濟み、喫煙の爲めの庭に敷物を敷き簡易テーブルを置き灰皿を配置する。
 河原氏より七時過ぎに近藤氏と合流し向ふと聯絡がある。尠し遲れて木川氏より近づいたら聯絡すると云ふ事であつた。
 八時過ぎに小林氏が到着、續いて河原氏、木川氏と到着。山川氏が來る事が出來ないとの事、又平田氏も仕事が遲くなり參加出來ないと聯絡が入る。
 取り敢へず何の會と云ふ可きかは解らぬが有志の會とでも云ふ可きであらうか。然し、一般端から見れば單に奇人變人の集りにしか觀得ないであらう。
 兔にも角にも豚しやぶに橋をつけ、たわい無い話から始り下山氏(皇學館大學學生)の神佛分離の話に火が着き、河原氏曰く絶え間ない程に電話が入り時には居留守ならぬ着信無視をする程と云ふ。然し其の目は思想に熱く語る下山氏を頼もしく思ひ樂しんでゐると云つて居る。口では下山氏はストーカー擬きだと云つて笑つて居るが内心は正反對と目は語る。尤も此處に集ひし者は云はずと知つてゐる者ばかり、だからこそ奇人變人の會なのである。
 一般から觀れば神佛分離を嚴格にし、敬神崇祖尊皇と口にする民族派と云はれる者こそ、否、日本人であるならば佛式葬儀等辭め日本本來の神式に戻す可きと主張する下山氏、民族派は率先し行動す可きであると聲高に云ふ者は、奇人變人或いは氣違ひとでも見えるであらうか。
 思想信念、歴史の話に下山氏、木川氏、近藤氏が熱く語り、解らぬ迄も小林氏聞き耳を立て必死に理解しやうと聞いてゐる。中村女史も參加、話の熱は上る一方。河原氏、小生に庭へ出やうと誘ふ。氣遣ひの人、阿形充規翁の影響を大きく受け、若者が氣を遣ひ話せぬ事も有るだろうと小生を庭に誘つたのである。
 庭から覗き河原氏曰く、其にしても下山氏の食慾には驚く、話に熱が入るに連れビール、燒酎を呑み。豚汁、豚しやぶ、サラダ漬物と驚く程の食慾、茶碗や皿迄食べてしまうのではと思ふ程の勢であると驚いてゐた。尤も小生としては、旺盛な食べつぷりには作つた甲斐が有ると云ふものだ。
 然し、考へてみれば小生も民族運動等と大層な事を云つて來たが、國を良くする爲め等と云ひながら何をして來たのか、單に大聲を上げ何處にも影響のない文句愚癡を云つてゐただけである。大枚を叩き街宣車を作り仕事を休み人員を動員し大騷ぎ。一つ例を上げるなら北方領土返還運動、此は領土問題であり國家間問題なのだ。にも拘はらず我々は抗議活動を行つて來た。國家間問題は責任ある者が國の責任の元に話すものであり、一國民が正當であれ聲を出したところで聞入れる筈もない。逆の立場に立つて考へれば國の代表でもなく、國民の意思を代表してゐる譯でも無い者の話を聞く筈はない。
つまり、何の影響も與へる事は無いのである。強ひて云へば警察機動隊の年間豫算獲得を手助けしてゐるに過ぎないのである。其の證據に警備、公安當局は取締強化と云ひ乍ら、其の反面では言葉巧に活動を嗾けてゐる。此は運動に携はる者ならば必ず心當たりは有る筈である。
「○○運動は出ないんですか」忘れてゐる事も一々出ろと云はむばかり「凄い動員ですね」「困るでせうね」「去年の運動は凄かつたですね」等と云ふのである。然し困るのは誰もゐないのである。否、困るのは活動した側が後に生活へ影響を及ぼし困るだけであり、更に云へば交通の妨をしたと蔑まれるだけである。
 抗議對象の露西亞大使館は窓を閉ざし門を閉ざせば何等影響は無く平常通りの業務を熟すだけである。街宣車は機動隊の規制線の外、大音量の聲も屆かない。數人に限り門前にて抗議文を讀上げ投函するが、投函口からシユレツター直行であろうと想像する。亦、門前にて大聲を張り讀み上げる聲は屆くのか、否、今日は變はつた蟲がなひてゐると云つた程度であらう。つまり、露西亞大使館は何等影響は無いのだ。警備機動隊は警備強化と云ひ乍ら影響力の無い如何でも良い所を數人御坐なりに摘み上げ逮捕、數時間で釋放する。強行に逮捕者を増やす事で翌年活動の低迷に繋がれば己の豫算獲得に影響しかねないからである。
 今で來そ解つたものゝ是のやうな達成率ゼロ活動を數十年繰り返し行つて來たのだ。
 聞く所によれば領土問題に命懸けで取り組んでゐると云ふ者さへゐる。ならば己の子を教育し外務省にでも入れ、行く末は外務大臣にでも育てれば可能性は數パーセントでも生れて來るが、今の儘では何百年經つても可能性はゼロパーセントである。
 現代の太平の世に革命は決して皇祖皇宗は決して望まれないであらう。
今上陛下に於かれましても平和を亂すもの有れば國賊として扱はれるであらう。
百二十五代歴代陛下に於かれましても大御心を垣間見れば、勿體なくも民の平和を望が故に、幕府政府の厭はしい扱ひに堪へ偲び、畏れ多い事に冷遇の時を過した歴史は歪める事は出來ない。
 現代の御世に於かれましても内外樣樣な問題に、 今上陛下は堪へ忍んでをられると想像する。成らば敬神崇祖尊皇を唱へる我々臣民は 今上陛下に習ひ堪へ忍び來る 陛下の一聲有る其の時まで皇道を學び力蓄へ白馬を引けとの御言葉を戴くまで只管敬神崇祖尊皇の志育成に邁進す可きと考へる。
 聞く所に寄れば、明治御維新の時には有志が頻繁に集ひ敬神崇祖尊皇の志を高め、
明治大帝の御心へ屆き明治御維新が達成されたと聞く。亦、明治御維新に大きく影響を及ぼしたとされる吉田松陰先生、平田篤胤翁、山崎闇齋翁、淺見絅齋翁、山県大弐翁等々のやうな尊皇の志高き先人は、我々のやうな街宣活動等は行はず、只管國學、尊皇の志を高める事に盡力し明治御維新に活躍した志士に大きな影響を與へ引き金に徹したのである。
 本日の奇人變人の會も、先人の高き志に習ひ尠しでも近づく爲め河原氏が計畫したものである。小生も河原氏は國學に鑽仰する人物として認め尊敬するが、下山氏は河原氏をストーカーの如く追囘し畏敬してゐる。亦、木川氏、近藤氏も敬慕してゐる。
是のやうに若者が徐々に増え、先人の教へを傳へ廣める事で本來の日本を知り誇れる日本人を育成する事で一旦緩急あれば即時對應出來る臣民となるであろうと信じる。
 呑み食ふ語るの熱い時間は、矢の如く過ぎ氣が附けば十一時、木川氏は自宅が遠く大變だと歸り仕度、河原氏も未だする事があると歸宅する事となる。然し、小林氏、近藤氏は更に續きの話し、揚げ句には身の上話し迄飛びたす始末、と云つても世間で云ふ下世話な話しではない。流石に二時を廻つた所で小林氏は退散。殘つた近藤氏は四時迄語り明し、結局泊る事となつた。尤も雜魚寢である。



 本日は近年稀に無い有意義な日であつた。偶には良いものだ。然し乍らあの食慾が度々では小生の竈がひつくり返る。042.gif 
[PR]
by iamhide3897 | 2013-07-09 19:51 | ぼやき | Comments(0)

◎時局對策協議會定例會議

第一千十八囘
時局對策協議會
定例會議


紀元二千六百七十三年七月四日

e0209864_1055073.jpg

報告一
 貴田會長、山梨縣にある山縣神社、有志一同にて參拜。十月に清掃奉仕の豫定年二囘清掃奉仕の豫定有りとの事、日時決定次第告知する
幕府にて最初に斬首された人物。尊皇論者として命を惜しまず義に徹し皇國の志を廣めた儒學者、山県大弐を祀る神社であるとの事である。
e0209864_10552676.jpg



報告二
 森義一會長社會復歸報告挨拶
e0209864_10563080.jpg



報告三
 下山陽太(あらた)會員初參加、自己紹介。
e0209864_10572857.jpg



議題
 下山陽太會員から提議に敬神崇祖尊皇を唱へつゝ何故に葬儀を佛教にて行ふのか諸先輩に問ふ。是の議題に大論議となり二時間の會場借り受け時間を全て費やし更に足らず二次會會場へと持ち越し熱い一日と爲つた。
e0209864_10582990.jpg

[PR]
by iamhide3897 | 2013-07-06 11:00 | 報告 | Comments(0)

紀伊國某山奥

非常時體驗ツアー

紀元二千六百七十三年六月二八日~三十日


e0209864_19234870.jpg

 此の美しき自然を望に地震、津波は無縁のものであらうとさえ思へる。確かに此處まで山奧と爲れば影響も尠いで有らう。然し、現代文明を活きる者にとつて不便極はまりない處でもある。而、此處で生拔く術を身に着ける事が出來れば、如何なる困難にも對應出來る事が體得出來るであらう。

e0209864_193611.jpg

 此の川には鮎、あめのうお(琵琶鱒)、鰻、モズク蟹等等樣樣な魚介類が生息すると云ふ。つまり、いざと馴れば食糧調達に多いに期待出來る川である。
e0209864_1958850.jpg

e0209864_19584789.jpg



e0209864_19483826.jpg

 現在は處々に車兩の通行出來る橋が掛けられた事により、使用しなく爲つたと思はれる吊り橋が各處に朽ち果てた姿を晒してゐる。場所に依つては未だに使用出來る橋も觀られる。
e0209864_2013261.jpg

e0209864_2021944.jpg


 夜ともなれば樣樣な動物が現はれる。是の寫眞は良く觀れば道路左民家の庭先に小さな光が確認出來るであらう。是の光の正體は鹿の群で目にヘツトライトの光が反射してゐるものである。此の地域では普通に民家の庭先に出現する。
e0209864_18584651.jpg


 良く確認出來ないので晝間に撮られたニホンシカの姿を掲載。角がないので雌であらうと思はれる。蝦夷鹿に比べ可也小型であり體長は110-170cm體重100キロから120キロ位であり蝦夷鹿の180キロ位と比べれば小型であらう。
e0209864_714409.jpg


 此はかじか蛙が交尾してゐる。見た目はグロテスクな姿だが鳴き聲は非常に美しく瘉されるものだ。 顏が鰍に良く似てゐる處からかじか蛙と呼ばれてゐるのだらうか。調べてみれば其の鳴き聲に由來があり、雄鹿の鳴き聲に似てゐる事から河鹿蛙と云はれてゐるとの事である。
e0209864_6155088.jpg

 林道に現はれた牛蛙。 原産は南米との事、食用として輸入されたが蛇や蛙を食する習慣のない日本では喜ばれず。逃げた蛙が關東から西、沖繩まで自然繁殖したものである。因に熊本縣天草の國道にて更に大きな牛蛙が道路を横斷する場面に驚いた事がある。
此は雌であろうと思はれる。雄ならば大きな鼓膜が有るが此にはなひ。
e0209864_638441.jpg



 自然に拘りを持つ河原兄、自然に似合はぬ塵芥は全て燒却と皆を煙に卷ゐてゐたが、どう見ても煙りに巻かれ咽せてゐるやうだ。
e0209864_750572.jpg

 水汲み場への階段造り、後期高齢者・・・・・・・年寄りへの配慮との事で川へ滑り落ちぬやうとの事である。小さな親切大きな御世話である。そこまでは老いてはをらぬと思ひつゝも完成してみれば如何して立派な物である。
e0209864_812681.jpg

e0209864_822533.jpg

 畑作り、山の中に畑を作り神事に供へる作物を植ゑると意氣込む。
e0209864_844585.jpg

e0209864_873279.jpg

e0209864_8125954.jpg

 鈴木田氏食糧の木の實調達訓練。
e0209864_8211876.jpg

e0209864_8244271.jpg

志賀氏日歸りの爲め夜通し駈附け小休止。
e0209864_8174131.jpg

畑作り再開
e0209864_828784.jpg

e0209864_830722.jpg

e0209864_8302898.jpg

e0209864_832149.jpg

e0209864_8331042.jpg

 非常時作戰會議・・・・・・・・・・・と云ふより單なる井戸端會議。
e0209864_8451850.jpg


 非常時に生拔く爲、後世に生拔く術を傳へる爲自ら體驗。本日も御苦勞樣でした。
[PR]
by iamhide3897 | 2013-07-06 08:49 | 旅 日記 | Comments(0)