虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

參拜
at 2017-08-16 15:53
會議
at 2017-08-16 14:38
感謝
at 2017-08-14 13:42
民族派有志聯帶運動
at 2017-08-11 16:31
勉強會
at 2017-07-31 19:40

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

◎定例演説会.

第八十八囘
西葛西驛南口
定例演説會



紀元二千六百七十三年十月二十七日
e0209864_7552970.jpg


協力團體
 皇国同志会
 個人參加  國士館大學學生

登壇辯士
 愛倭塾         小林 宏典  辯士
 愛倭塾          平田佐喜雄  辯士
 國士館大學學生   松田 晃平   辯士
 皇國同志會      花上 功    辯士
 愛倭塾          山口 秀明  辯士


 本日も定刻より演説會は平田辯士の國民儀礼から始まる。
 次に小林辯士の教育に關する敕語捧讀と續いて、更に小林辯士主張と進む。
e0209864_7595915.jpg

 小林辯士は日本人の持つDNAは如何なるものであるのか、更には日本の本質は何処にあるのかを神代の時代、つまり神話から話し現代身近にある事柄に例へ聽衆に解り易く訴へてゐた。

e0209864_8105170.jpg


 二番手に登壇したのは平田辯士。道義道徳を得意分野とし、日本肇國の理念は世界に誇る可き道義道徳であつた。
 二千六百七十三年前 神武天皇が御示しになつた敕語が八紘爲宇。簡單に云へば一つ屋根の下皆仲良く暮らさう。白人も國人も更に黄色人種、植物、動物全て生けるもの全てが互を思ひ遣り平和に暮らさうとの理念である。
 今現在、どうであらうか戰後敗戰史觀に依る教育は、神道廢止令をもつて日本の根幹をも搖がすが如く信仰心を破潰したのである。亦、國體である一君萬民と云ふ一枚岩の結束をも破潰したのである。當然の如く自由主義、民主主義なる西洋氣觸れの教育と云ふ名の洗腦により本來ある可き姿の日本は影を潛めてしまつた。
 依つて本來の日本の國體を取り戻す爲め、日教組教育を改めDNAを呼び醒ます教育を施さねば爲らないと説く。
e0209864_8414632.jpg

 三蟠手に登壇したのは國士館大學學生の松田辯士である。彼の主張はやはり本來の日本とは歴史を繙けば神國である事が解ると云ふ。學生と云ふ事もあり話す言葉は一般の人へ解り易いと云ふ可きか柔いと云ふ可きなのか定ではないが聽衆の目を引いてゐた。

e0209864_10541877.jpg

 丁度松田辯士が登壇してゐる時、八十を越えたと思はれる御高齡の上品な御婦人が聲を掛けて來た。聽けば亡くなられた御主人は、海軍兵學校出身で終戰間際、人間魚雷囘轉の訓練を受け終戰を迎へて後に平和活動に從事した方の奥方樣と云ふ。
 貴方方は何を訴へてゐるのかと尋ねられ。吾吾は日本の歴史を繙き、日本の素晴しさと優れた精神文化を持つ日本人の誇を説き、後世に傳へる活動を行つてゐます。と云へば、突如として形相まで變へ「御互に思ひ遣る事を廣めなければならない」と云ふ。當然吾吾の目的達成の課程に右記示した事を含め相互愛は必要不可缺なものとしてありますと應へれば、教育、躾の至らなさを云ふ。揚げ句叱咤激勵のつもりなのか、街頭演説を辭めろと云ひ出し、小生は苦言を呈する人こそが吾が寶と思つてはゐるが、流石に
天皇陛下、天照大御神までを高壓的押付けとし云ふ可きではないと云ふのには、例へ御高齡の御婦人であらうとも受入れ兼ねるのである。
 結局何を云はむとしてゐたか、考へて見れば、親への感謝、意に報いた者への感謝がなひと云ふ。更に云へば息子と嫁が御婦人を何に付けても年寄扱ひ敬意全く見られないと零してゐたに過ぎぬのであつた。

e0209864_1022649.jpg

 花上會長は四番手の辯士として登壇。先日十六日御尊父が歸幽された許りにも拘らず應援に駈附けて戴いた。
 憲法改正を訴へ、近隣諸國との緊迫した状況を打破する爲め憲法改正は必要と説く。

e0209864_1145431.jpg

 山口辯士は縷々辯士が訴へた總括と云ふ可きなのか、何時もの事と云ふ可きかは定ではないが、日本は如何なる國なのか!!
將又、日本人とは如何なる民族なのか!!
 歴史を顧みれば、自づと吾吾は八百萬の神々何れかの子孫である事が解る。
伊邪那岐の命伊邪那美の命二柱の御産みに爲られた  天照大御神は日本の神として肇國以前から神代の時代を神話として代々言傳へられて來た。日本の神話を事實無根とする考へもある事は確かである。然し、何を以て事實無根とするかは這つ切りとした證據もないのである。他國と比較せば支那等の歴史は四千年と云はれるが、支那の歴史は數百年と證明する證據が彼等支那人が云ふ歴史書である。つまり數千年前には書物等はなく、竹簡と云はれる竹を薄く削り繋ぎ合はせ記録したものが殘されてゐるのだ。
 然し、此も亦殘された記録が事實か否かは信ずるか否かである。つまり日本の神話と云ふ言傳へを信ずるか否かと爲れば、日本人であるならば信ずるであらう。支那人が竹簡を信ずるやうに、吾吾日本人も神話を信じ日本の恆久平和を構築す可く務める事が肝要であらう。
 今現在、世界情勢を見ても解るやうに、生きる爲に他を殺す事が正義とされる民族。殺さないまでも霸權主義を用て支配、奴隸、植民地とする民族ばかり。其の中にあつて吾國は神代の時代から言傳へられた道義道徳が、    神武天皇肇國の詔「八紘爲宇」である。
 夫夫の民族が主張する歴史を顧み比較した時、文明等は如何に樂をする爲に生れた文化であり利益利害を基調としたものである事明明白白である。然し吾が民族は利益等と云ふものには目もくれず精神文化を育んだのである。然し乍ら逆を云へば精神文化を育む事で文明は西洋に比べ遙かに及ばぬ事となつたのも歪める事は出來ない。
 長い歴史の其の結果、一昨年の東日本大震災で日本民族の素晴しさは世界中から稱贊される事と爲つた。亦、支那漁船に依る海上保安廳巡視船への體當たり事件の際、支那共産黨幹部が道義道徳に至つては日本に到底敵ふものではないと云つたさうだ。
 亦、先進國數ヵ國は日本の教育敕語を規範とした道徳教育をしてゐると云はれてゐる。つまり日本の素晴しさを認め稱贊してゐるが、當の日本が戰後史觀に捉はれ、コミンテルの走狗となつてゐる日本教職員組合の施した教育と云ふ名の洗腦が日本精神文化を催眠させてゐるのである。
 今將に催眠から覺醒させる事で皇國日本は世界の先驅者と爲るであらうと聲を上げてゐた。



e0209864_21394575.jpg

 本日は臨海地區にて市民マラソンが行はれたとの事で歸りの人々の多い事驚く程であつた。
 秋は何處へ行つたか眞夏日か過ぎたかと思へば突如として冬の氣配が漂ふ季節と爲つてゐた日であつた。





[PR]
by iamhide3897 | 2013-10-28 11:05 | 報告 | Comments(0)

武藏野倶樂部講演會

武藏野倶樂部
講演會


演題 「尊皇と勤皇」
講師 河原 博史

協贊
盛道烈士會
亞細亞史觀研究會
山縣大貳大人顯彰會


紀元二千六百七十三年十月二十日
e0209864_0161744.jpg

e0209864_0165720.jpg

e0209864_018490.jpg

 武藏野倶樂部主催に新宿文化會館にて演題 「尊皇と勤皇」とし河原博史氏を講師に迎へ講演會がおこなはれた。
 講師河原博史氏の事は此處で紹介するまでもなく、讀者諸氏は御存じの事と思はれる。依つて河原博史氏の紹介は省かせて戴く。
 今囘の講演會は、冒頭で河原博史氏曰く貴田會長に半ば威されて講師になつた等と云つてゐた。然し、其は話しの食附きを狙ひ口にした事であり、威されて講師を引き受けるやうな河原氏ではない。亦、貴田會長も威すやうな人間でもない。鄭重に御願ひしたものである。講演の中で其の事を口にした途端、會場中に笑聲が大きく響いた事が其を明らかにしてゐる。
 此處が河原氏の旨い處であらう。「尊皇と勤皇」と云ふ演題は當陣營にとつて重要不可缺なものであり重い話しとなるであらう。
當然の如く難しい話しとなるのは誰しも豫想できる事であらう。然し、河原氏は冒頭の話しで參加者の感心を鷲掴みにしたのだ。
更に河原氏の話術と云ふ可きであらうか、吾等仲間内で話す時とは違ひ、誰が聽いても解るやうに事細かに説明を含め話してゐたのだ。平生此のやうな話しをして貰へるなら、吾等も理解し易く、後に調べる事もない。樂出來るのだが、調べる事で多くを學ぶのも又事實である。
「尊皇と勤皇」と云ふ演題は、現在排瓦斯規制、暴排條令と當局の緊縮、更に國難にも類する東日本大震災以降目的と方法を見失ひつゝある吾吾陣營に、何を如何にす可きかと一筋の光を與へたであらう。

e0209864_019430.jpg

e0209864_020145.jpg

e0209864_020499.jpg

e0209864_0211793.jpg

[PR]
by iamhide3897 | 2013-10-22 00:07 | 報告 | Comments(0)

人生の旅日記とぼやき

再會


皇紀二千六百七十三年十月十三日

e0209864_23422895.jpg


 本來日乗に載せる可き事柄ではないと思ふのだが、人の繋がりも又旅と同じく人間形成に大きな影響を與へ育むものと考へ、更に我々が活動する上で援助、助言して戴いた人達との繋がりも旅と考へ載せる事とした。

 三年前の十月十五日である。仕事にて長野縣へ行き、そこで出會つた青年がゐた。新鮮な出會ひと日乗に載せた事のある原山青年であり、以來親交を深め現在に至のだが久し振りに逢ふ事となつた。
 餌屋のパパラツチと異名を持つ、三重縣の橋本篤青年。彼の聲掛かりで神奈川縣相模原市の高田橋にて行はれた、關東み組と云ふアートトラツクの團體が、東日本大震災支援チヤリテイ撮影會を開と云ふ事で、招かれたのである。元來アートトラツク好きの青年とそこで再會したのだ。と云ふのも昨年、やはり橋本青年の招で、み組のイベントへ顏を出した事を話した事から、是非今年のイベントには行きたいと話してゐたもである。
 抑も、其の原山青年と出會ふ切つ掛けと爲つたのは、小生が一昔、否二昔前、生業にしてゐた餌屋家業に使用してゐたのが、今で云ふアートトラツクと云はれる車兩であつた事から知合ふ切つ掛けと爲り、以來親交を深めた譯である。
 午前十時會場となつた高田橋にて、再會を祝ふ。原山青年は橋本青年の事は逢ふのは始めてと云ふ事であつたが、餌屋のパパラツチと異名を持つ憧の人物に逢つた事に可也興奮してゐた。
 人間の縁と云ふものは不可思議なものである。元來、アートトラツクのイベントへ顏を出す事は全くと云ふ程に無かつた。と云ふより厭ましく思つてゐたのである。然し、橋本青年の招は斷れず顏を出して見れば、意外な人物が意外な處で繋がり、驚く程の和を持つものである。小生が小僧と云はれる頃。尤も、現在もなほ馬齡を重ねるも殆ど成長は見られず淺學非才其のものである。
閑話休題、當時、女性が貨物トラツクに乘つてゐる事など無かつた時代である。決して美人とは云へぬが(怒るだらうな)うら若き女性が青果物を積み全國を走り囘る「お京さん」がゐた。
 此の「お京さん」小生が當時絶對に雜誌には寫眞を掲載させないとしてゐた小生の車兩を、掲載させた人物である。九州歸りの靜岡縣裾野の登坂車線走行中、駒門パーキングへ引入れられ、とある雜誌に寫眞掲載を頼まれたのだ。(半ば威されたと御理解戴きたい)當然の如く掲載せざるをへない状態にされたのである。約三十年前話しであるが、久し振りと云ふ可きか、忘れた頃と云ふ可きか御逢ひする事が出來た。互に紹介されるまで氣附かずにゐた程である。
 意外な人物は、愛心翼贊會山川本部長の後輩と云ふ人物、小諸重雄氏である。十數年程前にならうか、多摩の問屋にて小生の昔を知ると云ふ青年に聲を掛けられた事がある。其の青年が何と山川本部長の後輩であり、現在東京一番星と云ふ團體を率ゐる長と成つてゐたのだ。
 亦、映畫「トラツク野郎」の一番星號を制作した店。小生が所有した車兩、四臺の内二臺の制作を御願ひした中村屋塚本商店の社長、弟である中村屋トラツクシヨツプ社長も御逢ひ出來た。弟の中村秀夫氏は餌屋家業時代、最も苦しい時分助けて戴いた大恩ある人物である。未だ何の恩返しも出來ず、心苦しく思ふが變はらぬ御高配を戴いてゐる。今日も又顏を見るなり小生等の晝食を用意してあると云ひ、後にテントまで來いと招いて戴いた。感謝である。

e0209864_15481253.jpg

 懷かしい人物に逢ふ事が出來た喜びを味はひつゝ原山青年を紹介し、招かれてゐた中村氏のテントで原山青年、橋本青年、朝から同行してくれてゐる小林氏と共に晝食を御馳走になつた。鱈腹御馳走になり食ひ逃げ同樣に歸路に着いた。縁は異なもの意氣なものと云はれるが、會場出口附近にて驚く事に以前、愛倭塾の前身である愛國防衞社に所屬してゐた樋口隊員の後を嗣ぎ在もつて樋口荷役を背負ふ、丸山氏も北海道から仲間三人と態々駈附け參加し逢ふ事が出來た。餘談になるが、鱈腹御馳走になり食ひ逃げしたうえ、此の四人の晝食を中村氏に電話し押付け會場から逃走したのであつた。
 本日は、久し振りに橋本青年の誘に原山青年、小林氏と共に參加し、昔懷かし良き時代に浸る事が出来。更に意外な人物、御世話に為り乍ら御無沙汰してゐた御仁に逢ふ事が出來た良き日であつた。
 橋本青年に感謝である。

e0209864_23452250.jpg

   中村屋塚本商店社長と久し振りに挨拶、其の後ろに立つ赤いスラックスの橋本青年
e0209864_23494564.jpg

   冥府魔道と書かれた樋口荷役。子連れ狼、拜一刀の台詞にある言葉だが北海道から全国へ魚を運ぶ道も地獄の様なものと云ふ事であらうかfont>

 十年に一度と云はれる颱風二十六號が接近してゐるとの事、皆さん氣を付けて御歸り下さい。

e0209864_15503653.jpg

e0209864_1924312.jpg

[PR]
by iamhide3897 | 2013-10-15 00:12 | 旅 日記 | Comments(0)

出雲大社相模分祠奉拝

神無月御魂祭り

e0209864_18424393.jpg

紀元二千六百七十三年十月六日

 小林同志共共、神無月御魂祭り參加。
何時になく參拜者が多く厳な御祭りとなつた。御魂祭には、毎月のやうに訪れる人の顏ぶれは、月日の流れに添つて徐々に同じく爲つて來るやうだ。然し、其の顔ぶれに見えない顏のある時は時には、何かあつたのかと全くの他人にも拘らず心配するのも又不思議なものである。然し、今月神無月は何時もの顔ぶれが見えた。
 閑話休題。神無月に入り十月二日伊勢神宮に於いては式年遷宮が執り行はれてゐる。此處出雲大社相模分祠草山宮司も遷宮に趨き本日歸つて來た。 
神宮式年遷宮については、此處で態態 説明するまでもなく讀者諸氏皆御存じの事と察する。
 式年遷宮から戻つた草山宮司が何時になく不機嫌さうにしてゐるのに、何故と尋ねてみた。「此でゐいのか日本人」とぽつりと零したのだ。普段此のやうな愚癡とも云へる事を口にする部類の人間ではないと思はれるが、今日は愚生の前で零したのだ。
 何かあつたのですかと尋ねれば、式年遷宮に纏る行事のなか、植林を數日間、最寄の中學校に泊り込んで行つて來たさうだ。餘りにも問題が多過ぎて特定して云へないとの事であつた。「兔にも角にも考へ方に問題がある。」と額に皺を寄せてゐた。と云ふのも學生のボランテアも其の精神自體間違へてゐる。更に教師は指導す可き立場にありながら生徒の不滿に應じるばかりで何等指導する事はなひ。當然のごとく植林ボランテアは不平不滿の對象意外の何物でもなく、其の意義すら解つてゐない。此のやうな子供達が巣立つて行けば何れ神宮式年遷宮の行事も危ふくなるのではと危惧してゐた。神への崇敬の念、先祖に對する敬ひ、祖父母、兩親への感謝の念が育まれる教育が成されてゐないと嘆いてゐた。
 本日此處で執り行はれた御魂祭は、大國主命を通じ先祖に對する慰靈、感謝に皆訪れたのである。神宮式年遷宮は御國が行ふ御魂祭であり
天皇陛下の御先祖天照大御神に對する大御魂祭と心得る。


e0209864_18432969.jpg

e0209864_18435287.jpg

e0209864_18441083.jpg

e0209864_18444761.jpg

e0209864_1845742.jpg

e0209864_18452968.jpg

e0209864_18455683.jpg

本日は意外な事に旅行者と思はれる外国人が數人参拝に訪れてゐた。
[PR]
by iamhide3897 | 2013-10-11 18:51 | 報告 | Comments(0)