虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

參拜
at 2017-08-16 15:53
會議
at 2017-08-16 14:38
感謝
at 2017-08-14 13:42
民族派有志聯帶運動
at 2017-08-11 16:31
勉強會
at 2017-07-31 19:40

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

演説會

第佰三囘
 愛倭塾定例
  西葛西驛演説會


紀元二千六百七十五年二月二十二日

☆登壇辯士☆(順不同)

☆愛倭塾理事 石塚 孝男 辯士
☆愛倭塾理事長   平田佐喜雄 辯士
☆皇國同志會會長 花上 功 辯士
☆愛倭塾會長    山口 秀明 辯士

e0209864_2252123.jpg

本日は、演説會開始間近に小雨とは幣塾にとつて珍しい事である。
 然し、開始定刻に小雨も上り石塚辯士先導に國民儀禮に始る。

e0209864_22523867.jpg

 石塚辯士、其の儘主張に移り教育は百年の大計、現在の歪曲教育は國家腐敗に繋がる。
 知育、體育、食育の全て正しく整つた時初めて素晴しい教育が施される。然し、現在教育現場を見れば正しく行はれてゐるとは云へぬ。知育に關して學校で教師の教へる歴史、極東軍事裁判つまり東京裁判は誤と裁判を行つた連合國が認め發表されてゐるにも拘はらず東京裁判史觀をもとに歴史教科書が作成され。更に近隣諸國の内政干渉と云へる壓力に屈し正しい教育が行はれてゐない。結果、國に誇を持つ者が尠くなつてゐる。私達國日本は元來其のやうな國ではなく、神に生かされてゐる事を感謝し繁榮して來た國である。今一度本來の國に戻す爲、教育敕語を復活、教育が正しく行はれるやう見直さなければならないと説く。

e0209864_22531667.jpg

 平田辯士は日本民族が神代の時代據り守り育んで來た教へは世界に類を見る事ない素晴しき精神文化で誇あるものである。
 此の教へが希薄になる事に、現在日本の抱へる諸問題が發生したと云つても過言ではない。
 諸問題解決、美しい日本を子子孫孫に傳へる爲め精神文化を取戻し心豐な國にしなければ爲らない。その爲には我我の素晴しき先哲に學び繼承する事が肝要であると説く。

e0209864_2254083.jpg

 花上辯士は日本の教育方針に觸れ、石塚辯士に同じく東京裁判史觀は直にでも改善しなければならない。彼の東京裁判で日本は平和への道義的罪として云はれない罪で裁かれた。
 然し、支那がチベットを霸權を以て統治してゐるのは其の罪に當らぬのか、亦、亞米利加が非戰鬪員である一般市民の住む廣島、長崎に落した原爆は人體實驗であつた事、明白になつた現在道義的罪は無いのか、露西亞が終戰間際不可侵條約を一方的に破り北方領土に攻入り非戰鬪員の島民を虐殺、將た又終戰直後滿洲へ侵攻、北方領土と合せて百七萬人がシベリア抑留され内三十四萬六千人が劣惡な扱ひの下死亡したのは平和への道義的罪に爲らぬのは何故。
 戰後七十年が經つた現在日本は未だ賠償を求められ、云はれない非難を浴びてゐる。
 是れは一重に支那の走狗となつた社會黨、共産黨下部團體の日教組、全教の推し進める偏向歴史教育によるものであると云つても過言ではないと訴へた。

e0209864_22543249.jpg

 山口辯士、現在日本は數多問題を抱へる。其の原因は全てに本質を見失つてゐる事だ。
 現代人は、見失ったと云うより知らない。日本人は非常に眞面目な民族であると云ふ反面意圖も簡單に誘導される弱點がある。結果本質を見失ふのである。
 例へば身近な所で多くの人がはコーヒーを飲む。然し、本當に美味しいコーヒーを飲んだ事が有るのか、ファミリーレストランの出涸らしコーヒーや罐コーヒー、インスタントコーヒー、コンビニストアーの百圓コーヒーと全て機械で落とした物。此處最近見掛けた事無いが、拘りを持ち豆からミル挽きサイホンにて落とし飲ませる美味しい喫茶店。
何でも安價なれば良い、宣傳されてゐる。流行りだからと云ふ。コーヒーだけに限つた事ではなくラーメンにも云へる。一時期ラーメンの鬼と云はれた佐野実の店は連日長蛇の列が出來る程だつた。然し、報道に云はれる程の物では無い。但し企業家として見れば成功者である。藝能歌手の如く歌など下手でも宣傳力で賣れてしまふのと同じく、行列を作る人に聞けば「皆が云ふから」「テレビに取上げられてゐた」と云ふ。本當に美味いものを知つてゐるのか。食べ物飮み物だけではない、考へ方もだ。現在テレビコマーシヤルを見れば面白ければ何でも許される傾向にある。例へばソフトバンクのコマーシヤルでは一家の大黒柱にある可き父親が犬に表現され、其の威嚴を貶しめられてゐる。抑も犬は支那では犬畜生と蔑まれる動物である。是れを支那で放映したなら、亦、母親を犬で表現したなら大問題と爲るであらう。此のやうに思考まで報道に振囘されてゐるのだ。
 閑話休題、樣樣な問題は本質を見失つた事により浮上した弊害であると拙生は信ずる。
 明治御維新以降二百年にも及ぶ鎖國により、世界の文明に大きく後れを取り其を取戻す爲め、  明治天皇の御意嚮を笠に着た明治政府が經濟經濟と國の舵を執つてしまつた事により本來日本の國是が疎かにされ本質を見失ふ結果に繋がつた。
 開國當時はさうせざる負へない所もあつた事は確かである。然し、其の結果勤勉實直であるが故に心豐な日本人は歐米の文化に染り、本來の民族性を忘れ猿眞似の如く歐米追從と爲つてしまつた。
 元來、眞面目な民族性は歐米を脅す程の大きな進歩を遂げ、白人の差別主義に火を附けた。其の結果バッシング、更にはハルノートなる無理難題まで押附けられた。
 大東亞戰爭は此の國難に立向ふ爲、自存自衞に大東亞つまり植民地となつてゐた亞細亞の解放にあると立上がつた。
 此處で一時的本來の日本民族へ戻つたが、亞細亞にて連戰連勝に驕り傲ぶり軍部、報道機関に大きな力を與へ大東亞戰爭開戰本來の目的から逸脱してしまつた。
 開戰敕語に依れば、抑も植民地と爲つてゐる大東亞共榮圈を解放し虐げらる亞細亞の人人共共、豐な營の爲め開戰に至る。とされてゐる。つまり八紘爲宇である。是れこそが皇祖皇宗の大御心である。
天皇陛下の御心を軍部と報道機關が連戰連勝に驕り傲ぶり國民を誘導逸脱させたのだ。結果は御存じの通り敗戰に至り、未だ其の負ひ目を背負ふ形となつてゐる。是れは全て神代の時代より育まれた神の教へに背いたからに他ならない。
 現在日本の抱へる問題全てが以前の誤ちと重なる。拙生は日本と云ふ國は如何なる國であり如何なる民族が存在するのかを檢證し、先哲に學び、惡しきは省き良きは毅然と守つて行く事で諸問題は解決へと進むであらう。
 大人の責任、將來を擔ふ子供達へ眞の日本は如何なる國かを傳へる事こそが使命であらうと説く。

e0209864_2256911.jpg



e0209864_22562325.jpg








[PR]
by iamhide3897 | 2015-02-23 22:56 | 報告 | Comments(0)

紀元節祭

紀元祭


紀元二千六百七十五年二月十一日
e0209864_0305733.jpg

e0209864_0312677.jpg

 高天原より天照大神の命により天孫天津日高彦瓊瓊杵尊が豐葦原の瑞穂の國へ降臨なされた。後に六代目天孫人皇神武東征によつて瑞穂の國は平らげられ、橿原の地に於て神武天皇即位なされ倭之國の誕生となつた。即ち日本肇國の日である。
 因みに、現在では宮中祭祀として紀元節祭が執り行はれる他、建國記念日として祝日となつてゐるが、本來は宮中で執り行はれる紀元節であり我我は呼称變更の活動を行ふ最中である。

 本日、出雲大社相模分祠にて紀元節祭が執り行はれる。當然如く拙生も参加すべく訪れた。
 此處出雲大社相模分祀は素戔嗚の御子神が祀られる杵築大社(出雲大社)の分祀であり、天孫降臨以前に素戔嗚より國作りの命を受け倭之國誕生の大本となつた大國主命が御祭神の社である。となれば當然紀元節祭には大きく關はりを持つ社であらう。
 午後四時多くの參拜者が紀元祭に參列の中、厳に神官が天津祝詞奏上に始り齋主祝詞奏上と續き、巫女舞には浦安之舞が奉舞された。齋主玉串奉納に續き草山分祀副長、氏子相談役と共に拙生、更に參加者全員が數囘に別れ玉串の奉納を濟ませ齋主の挨拶で葯一時間の祭を終へた。
e0209864_0332171.jpg


「豐葦原の千五百秋の瑞穗の國は、

是吾が王たるべき地なり。

宜しく爾皇孫、就きて治らせ。

行矣、寶祚の隆えまさしむこと、

當に天壤と窮り無かるべし。」













[PR]
by iamhide3897 | 2015-02-12 17:09 | 報告 | Comments(0)

御魂祀り

出雲大社
 相模分祀
   参拝



紀元二千六百七十五年二月一日
e0209864_23125824.jpg

本日如月の御魂祀りに小林同志と共に參加する。
昨年十一月霜月に訪れて以來所用が重なり三月振の御無沙汰を、先づ大國の主の命へ御詫びと感謝の禮、相原修大人の命、義父河野喜春大人命、實父山口弥吉郎大人命、小林家の御魂へ侘びると共に感謝の參拜をする。
午後十三時より草山副分祀長の祭司にり嚴肅に執り行はれる。
草山副分祀長曰く、如月とは子供が誕生するが如く草木が厚生(発芽)する月との意であり、夫夫の先祖御魂を通じ大國主命へ感謝、徳を添ふやう努めて下さいとの事であつた。

e0209864_23133010.jpg


e0209864_2314887.jpg

祖霊舎へ参拝
e0209864_23153134.jpg

 祖霊舎にて二禮四拍一禮の作法を以て参拝。













[PR]
by iamhide3897 | 2015-02-03 23:19 | ぼやき | Comments(0)