虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2017-10-01 22:13
勉強會
at 2017-09-25 22:44
演説會
at 2017-09-25 22:20
演説會
at 2017-09-25 21:45
素交祭
at 2017-09-04 22:31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

演説會

第佰拾壹囘
  愛倭塾西葛西驛
   南口定例演説會



紀元二千六百七十五年十一月二十二日
e0209864_13104628.jpg

☆協力團體☆
☆皇國同志會

☆登壇辯士☆
☆愛倭塾理事長    平田 佐喜雄 辯士
☆愛倭塾會長附    小林  弘典 辯士
☆皇國同志會會長   花上  功  辯士
☆愛倭塾理事長    平田 佐喜雄 辯士
☆愛倭塾會長附    小林  弘典 辯士
☆愛倭塾會長      山口  秀明 辯士
e0209864_1312061.jpg

平田 佐喜雄 辯士


 愛倭塾定例演説會は、末始終平田辯士の司會で國民儀禮に始り小林辯士の教育に關する敕語捧讀と續き各辯士の主張に移るのが慣例である。
 本日は平田辯士・小林辯士が再登壇し主張すると云ふ熱の入りやうであつた。

 佛蘭西・パリに起きた同時多發テロは百三十名の犧牲者と數多くの負傷者を出した戰後最大の慘事であつた。佛蘭西政府の見解はイスラム國の起したテロと斷定されたが、世界中のメデイアは如何に報じてゐるのか。
 日本のメデイアはテロ行爲に對しては否定的ではあるが、露西亞・亞米利加・佛蘭西を含む歐州各國は斷固テロ撲滅を打出してゐる中、何故かISの思想を肯定する報道もある。此は如何にも日本の精神文化からして八紘爲宇の精神に則りIS彼等にも平等の權利をと云ふ所から肯定してゐるやうに伺へるが、決してさうではない。
 九・一一に始つた同時多發テロはイスラム國が民主主義國家亞米利加に對する反撥とされる。若しくは基督教に對するものとされてゐる。
 IS彼等が云ふ十字軍への報復とは、現在十字軍が戰つた時代から數百年が經ち未だに其の怨を維持してゐるとは到底思はれない。萬が一其のやうな怨を維持してゐるのなら、教育の貧困から教育の行き屆かぬ者へ呪文の如く傳へたのであろう。此は一黨獨裁の共産主義其のもの基本の教へと同じであらう。
 若しくは十字軍を名目に愉快犯的犯罪を置かしてゐるに過ぎない。此は極めて許されざる行爲と云はねばなるまい。とすれば日本の反日メデイアは當然の如く民主主義國家亜米利加への間接的批判に過ぎない。

 閑話休題、元來日本民族は、神代からの教へに從ひ御國を繁榮させて來た國であり、其の教へに「八紘爲宇」がある。此は二千六百七十五年前、
神武肇國に這つせられた敕語である。此は取りも直さず世界平和宣言に他ならない。
 何人も「一つ家根の下、豐且つ平和に共に暮さう」と云ふ事であり「植民地支配・奴隸制度・植民地」は八紘爲宇の教へからして最も恥づ可き行爲である。つまり、日本民族の精神は自然に感謝し和を持つて何事にも對處す可しと云ふものである。從つて何等無關係な者へのテロ行爲は言語道斷と云はざるをへない。
 謂はば、IS彼等は教育の貧困から稚拙極はまりない輩と云はざるをへない。彼等の信仰すると云はれるアッラーの神は、人間の幸福を求め生きる道を導く可き教へをしてゐる筈である。にも拘はらず彼等は無實の人人に危害を與へアッラーを冒涜するに過ぎない。其のやうな者達を肯定するやうな日本メデイアの報道は反日教育の多大なる惡影響の結果と云はざるをへない。前記を鑑みれば如何に日本の精神文化が優れたものかが當然の如く御解り頂けやう。

 今此處で、戰後歪曲された日本の教育を正し神代の時代から傳へ育まれた日本民族精神を發揮し世界平和の先陣に立たねばならないのが、神國日本の與へられた責務であらう。
 本日登壇した辯士夫夫が時局問題・歴史問題を取り混ぜ語つたのは右記内容を強く訴へるものであつた。
e0209864_13125176.jpg

小林  弘典 辯士
e0209864_13142456.jpg

 花上  功  辯士
e0209864_13322249.jpg

小林  弘典 辯士
e0209864_13325730.jpg

平田 佐喜雄 辯士
e0209864_13213578.jpg

山口  秀明 辯士



 本日もう一つ良い傾向と思はれる事柄があつた。其は拙生だけが感じたものかも知れない。
 能く能く考へて見れば我我右翼と云はれる者は十把一絡げに捉へられ、謂はば或る意味嫌はれものであらう。
 我我が立會ひ演説を行ひ、其に對し異論反論があれども其を云つてくる者は皆無に等しい。其は我我右翼と云はれる者は粗暴であり云へば何をされるか解らないと云ふ事であらう。此が既存の右翼に對する概念である。
 十把一絡げに捉へられる右翼であつても、尠くとも幣塾愛倭塾は思想信念を基に皇國復古を願ひ活動を行つてゐる。從つて尠くとも其のやうな概念には當らぬと信じてやまない。
 本日異論反論苦情を呈する御仁が現はれた。此は、俗に勇氣があるないに關はらず、粗暴であり云へば何をされるか解らないと云ふことが薄れた結果であらうと考へられる。
 慾目と云はれるであらうが、此處最近主婦や學生に激勵されたり千圓札を握り緊め寄附だと云ひ渡さうとする御仁も現はれて來た。勿論幣塾は受取る事はなひ。 我我に對する見方が些少であるが變はつて來たと肌で感ずる出來事であつた。

e0209864_1518528.jpg

 平田辯士の演説中物申す御仁に對し鄭重に對應する平田辯士。












[PR]
by iamhide3897 | 2015-11-23 15:25 | Comments(0)

邪教撲滅成就祭

創価学会
 撲滅祈願祭


紀元二千六百七十五年十一月十八日
e0209864_16535387.jpg

 時對協有志によつて創価学会撲滅祈願祭が神奈川縣横濱の伊勢山皇大神宮にて執り行はれ、弊塾からは小林弘典會長附が參加した。
 抑も邪教創価学会は國をも滅ぼし兼ないと云ふが、決して創価学会如きに滅ぼされるやうな神國日本ではない。然し、多大な惡影響を及ぼす事は明白であらう。
 世界皇化浪人を稱する同血社下山陽太兄の聲に時對協有志諸兄が御國を憂ふ氣持に贊同し執り行はれたのである。

e0209864_17645100.jpg


e0209864_1771083.jpg


e0209864_16553222.jpg


 亦、祈願祭終了後、戰後純粹に體制と戰つた野村秋介大人命の祀られる神奈川縣伊勢原に所在する淨發願寺にて墓前に有志一同合掌。

e0209864_16561569.jpg


e0209864_16562731.jpg


e0209864_16563848.jpg








[PR]
by iamhide3897 | 2015-11-20 16:59 | 報告 | Comments(0)

狡猾極はまりない習近平

狡猾極はまりない習近平
支那の走狗馬英九の畫策


紀元二千六百七十五年十一月八日

今臺灣に於て「臺灣を救つた戰神」と云はれた元陸軍中将根元博の功績が無駄に失はれやうとしてゐる。
大東亞戰爭終戰後支那は、蒋介石率ゐる國民黨軍と毛澤東率ゐる人民解放軍の内亂にあり、内亂に乘じて火事場泥棒の如く國を掌握した毛澤東は蒋介石率ゐる國民黨軍を臺灣へ追ひやり、尚も撃滅せむと攻撃の手を強めてゐた。
蒋介石は終戰時、北支那方面の三十五萬将兵の復員と在留日本人四萬人の内地歸還を認め薦めてくれた恩ある武人としてゐた根元博はGHQの目を掻い潛り臺灣へ密航、劣勢にある蒋介石軍を根元は臺灣名「林保源」と變へ軍暦を生かし勝利へと導いた。其の結果現在の民主主義臺灣がある。
其の臺灣を今、馬英九は世界中が認める火事場泥棒支那へ賣らうとしてゐるのだ。

[PR]
by iamhide3897 | 2015-11-08 08:00 | ぼやき | Comments(0)

平塚總合公園

朝の日差しに誘はれて

平成二十七年十一月七日(土曜日)
e0209864_17132046.jpg

 朝の日差しに誘はれて、秋を味はふ爲めに平塚總合公園へ行つて見た。
 驚く事に本日は、湘南JAが主催する"「でてこいや祭り」が催されてゐた。農協の祭とあつて農業從事者が主體になつて行はれてゐるやうだ。
 樣樣な催し物には子供達を有頂天にさせるものもあり、公園内には多くの子供が訪れてゐた。中には中央ステージにて行はれてゐた各地區JA婦人部のダンスに合せ、身振手振で腰を振り踊つてゐる幼兒がステージ上の婦人部より注目を浴びてゐた。一歳七ケ月のゆきちゃんと云ふさうだか誰もがゆきちゃんを觀て頬を緩めてゐた。
 本日は、久し振りに何も考へる事無く頬を緩め和む事が出來た。
e0209864_17134955.jpg


e0209864_17213542.jpg


e0209864_17145533.jpg


e0209864_17151563.jpg


e0209864_17155192.jpg


e0209864_17163772.jpg


e0209864_1717356.jpg


e0209864_17174132.jpg


e0209864_17181072.jpg


e0209864_17184911.jpg




[PR]
by iamhide3897 | 2015-11-07 17:18 | ぼやき | Comments(0)

靖國神社

靖國神社參拜

紀元二千六百七十五年十一月三日
e0209864_21522572.jpg

本日は明治節、明治神宮を參拜し
明治天皇の意により創られた社、靖國神社を參拜。
e0209864_19564057.jpg












[PR]
by iamhide3897 | 2015-11-03 21:53 | 報告 | Comments(0)

明治神宮參拜

明治節(明治天皇御生誕日)
  明治神宮參拜

紀元二千六百七十五年十一月三日

e0209864_21222816.jpg

 本日十一月三日は文化の日として祝日とされてゐるが、本來 明治天皇御生誕日であり、昭和二十三年七月二十日に祝日法が公布され、十一月三日は「自由と平和を愛し、文化を薦める」を趣旨とし祝日「文化の日」と爲つたのだが、戰前は明治節と叫ばれてゐた。尤も此のやうな事は、日本人である限り本來知つてゐなければ爲らぬ事である。 
 愛倭塾有志、更に皇道民族聯盟近藤勝博代表が明治神宮を參拜。
 十時前後に敕使が 天皇陛下の御幣物を納めた辛櫃を奉つて參進、御神前に御供へ、後に御祭文を奉上するとの事。敕使を祓ひ舍の前にて御迎へし無事奉上終へるまで御護り、退下御見送りした。
 御見送り後、神樂奉奏に合せ皆にて參拜。
e0209864_21225657.jpg

e0209864_2136156.jpg

e0209864_21234936.jpg

 參道に飾られた奉納菊作品は素晴しきものであつた。

e0209864_21251222.jpg

e0209864_2126173.jpg


e0209864_2127838.jpg

e0209864_2127399.jpg

e0209864_21282324.jpg

勅使退下御見送り
e0209864_2129132.jpg

e0209864_2133115.jpg






[PR]
by iamhide3897 | 2015-11-03 21:36 | 報告 | Comments(0)