虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2017-06-19 21:31
演説會
at 2017-05-29 21:55
民族派有志聯帶運動
at 2017-05-04 19:24
武藏野御陵
at 2017-05-01 21:07
勉強會
at 2017-05-01 20:55

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

演説會

第佰廿漆囘
 西葛西驛南口
愛倭塾定例演説會

e0209864_21354050.jpg

紀元二千六百七十七年五月二十八日

☆協力團體☆

☆皇國同志會
☆盛道烈士會
☆大日本文庫
☆不条理を糾す会

☆登壇辯士☆

☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士
☆愛倭塾會長附      小林 弘典 辯士
☆不条理を糾す会    管 利恵子 辯士
☆愛倭塾理事長     平田佐喜雄 辯士
☆皇國同志會會長    花上  功  辯士
☆盛道烈士會會長    盛   義一 辯士
☆愛倭塾會長      山口 秀明 辯士

 昨日とは打つて變はつて、早朝より氣温はうなぎ登りとなり熱い一日の始りと成つた。
 加藤辯士は何時もの如く八紘爲宇を基にした明い未來を構築するにはと熱く語り、小林辯士は國體に係はる事柄を取上げ事細かに訴へる。中でも教育敕語に關しては今迄に道徳の規範となるものとして云はれて來たが、小林辯士は道徳で止めては爲らない、國民の精神向上を願ひ更には國の向上へと繋げるものとして教育敕語は有ると熱く訴へてゐた。
 菅辯士は日本の傳統文化が希薄になつてゐる。日本には美しい着物文化、生活の中に豐な心を育む精神文化が有つたが希薄に爲り失はれやうとしてゐる。世界に誇れるものを無くしては爲らないと訴へてゐた。
 平田辯士は道義道徳、神代より傳へられる日本の美しき互を思ひやる惻隱の情について解り易く傳へ日本人の素晴しき民族性を訴へてゐた。
 花上辯士は國際状況がどうあれ日本には世界的にも優れた道義道徳から成る獨自の文化がある。其の文化をも戸に優れた道義國家を構築する爲に日本獨自の憲法を制定しなければ成らないと訴へた。
 盛辯士は現在國會にて締結去れやうとしてゐるテロ等準備集合罪には贊成だが共謀罪に關しては今一度審議の必要がある。何故なら如何にも危なつかしい問題が山積し一般國民への影響と云ふよりも、解釋しように依つては如何なる人間にも適用去れる文言と成つてゐるのである。つまり一般國民に適用されないと云ふのは全くの出鱈目であり警察又は權力者に取つて都合の惡い人間全てが適應對象と成るのである。本來日本の持つ道義心、道徳心をもってすれば必要のなひ法律であり日本の持つ精神文化を發揮すればテロ等の無い素晴しく明い未來が開かれると説く。

 山口辯士は總括として、政治やメデイヤが強迫觀念を持つて國民を脅すが、日本本來の姿を視なほせば決して其のやうな事はなく、日本の精神文化を實踐する事により世界に誇れる國になれる。明い未來は神代からの教へに有り禮儀作法傳統文化に受繼がれてゐると説く。

e0209864_2137293.jpg

      加藤 昭男 辯士

e0209864_21382828.jpg

      小林 弘典 辯士

e0209864_21394325.jpg

    管 利恵子 辯士

e0209864_2142166.jpg

     平田佐喜雄 辯士

e0209864_21452292.jpg

    花上  功  辯士

e0209864_2147873.jpg

    盛   義一 辯士


e0209864_21502638.jpg

      山口 秀明 辯士

e0209864_2157587.jpg

小原同志
e0209864_2152955.jpg

e0209864_2158234.jpg

e0209864_21535838.jpg


協力團體辯士皆樣御協力誠に有難う御座います。


感謝



























































[PR]
by iamhide3897 | 2017-05-29 21:55 | 報告 | Comments(0)

民族派有志聯帶運動


民族派有志聯帶運動
公明黨、創価學會
不敬叛逆信仰撲滅


紀元二千六百七十七年五月三日
e0209864_19211670.jpg



 創価學會は、日蓮及び、其の門弟日興の流れを汲む、日蓮正宗が源流の新興宗教團體です。其の教へは、「人間主義」「人間革命」なる言葉を以て、人心を惑はし、皇國體竝びに神道を悉く否定し、日蓮を「大聖人」として崇める、不敬叛逆信仰です。 
 創価學會は、脅迫紛いの信仰強要をし、神棚及び、他宗派の佛檀を無理矢理焼却してしまう「謗法拂ひ」と云はれる事を全國的に展開し、脱會者や學會批判者(一般人)に對して、執拗な「つけ回し」や暴力、自宅や職場への嫌がらせ等、人道及び、法律をも無視した行爲は、社會的問題にも爲つてゐます。
 一千九百六十年~一千九百七十年に、創価學會及び公明黨が、批判的な出版社に圧力を掛けた、言論出版妨害事件及び、多くの選挙違反等を起こしたりしてゐる叛社會的勢力です。創価學會は己(池田大作)の野心實現の爲に、公明黨を設立し、今や自民黨と聯立を組み、國政に多大な影響力を及ぼしてゐます。公明黨は、其の殆どが學會員であり、只管に創価學會竝び、學會員の爲だけに働く、創価學會第一主義をモツトーとする政黨です。云ふまでも無く、創価學會と公明黨は政教一致であり、日本國憲法第二十條に違反してゐます。斯くの如き、憲法違反政黨が國政に影響を及ぼすのは、皇國の面目を穢すものであり、断じて見過ごす事は出來ません。既に、政界、官界、財界、司法界、教育界等に創価學會の教義を妄信的に信奉してゐる學會員が、各界に影響力を今も尚、拡大してゐる事は内なる脅威です。
 公明黨即創価學會のやうな叛國體、叛社会的勢力が各界を掌握してしまへば、皇國日本の神聖性が歪められてしまうのは明らかです。
 皇國日本は 天皇陛下を中心とする、君民一體の國であり、國體を脅す日蓮や神敵池田大作率いる創価學會を中心とする國ではありません。
 皇國臣民が歸着すべき信仰は、  天皇陛下であり、神道であり、神社なのです。

e0209864_19222234.jpg



e0209864_1924395.jpg



e0209864_192317.jpg









[PR]
by iamhide3897 | 2017-05-04 19:24 | 報告 | Comments(0)

武藏野御陵

昭和節
武藏野御陵參拜


紀元二千六百七十七年四月二十九日

 昭和節に武藏野御陵ならび多摩御陵を拜し、各陵にて同血新聞下山陽太編輯長の先導に念誦し奉る。

e0209864_2115760.jpg



e0209864_2121567.jpg










[PR]
by iamhide3897 | 2017-05-01 21:07 | 報告 | Comments(0)

勉強會

菊水國防聯合主宰
國防研究會


e0209864_2050549.jpg

紀元二千六百七十七年四月二十三日

 菊水國防聯合の主宰にて行はれた勉強會は、國防研究會と誦され、第一囘の講師は菊水國防聯合特別相談役でもある同血社河原博史會長が務めた。
 其の内容は、浜本副代表の意向により今後民族活動を担う若者達へ何を志とするか、亦、如何なる行動を取るべきなのかを解りやすく「義と正義と大義」と題し講演を行つた。
 俗に右翼と云はれる我我は、活動家として如何なる志を持つて取組む可きなのか。
 右翼と誦する殆どが時と場合と場所に依つて變はる義と正義に依つて動いてゐるのが現状であるが、其ならば市民團體、警察、保守を標榜する樣樣な團體と何等變はらず右翼をなのらずとも良いのであらう。然し、右翼を標榜するならば微動だに變はる事のない大義を以て動かなければ成らないのが右翼とされる者であり、大きく違ふ所であらう。
 尠くとも今後活動に携はる者の志として肝に銘じ、常に大義を第一に祕める事を學ばなければならないと痛感させられた。

e0209864_20504614.jpg

e0209864_2051123.jpg

e0209864_20514494.jpg

e0209864_2052252.jpg

e0209864_20521877.jpg

e0209864_20523248.jpg

e0209864_20524945.jpg

e0209864_20534737.jpg












[PR]
by iamhide3897 | 2017-05-01 20:55 | 報告 | Comments(0)

演説會

第佰廿陸囘
 西葛西驛南口
愛倭塾定例演説會


紀元二千六百七十七年四月二十三日


>
e0209864_1638171.jpg

☆協力團體☆

☆皇國同志會
☆大日本文庫
☆天照志塾
☆不条理を糾す会

☆登壇辯士☆

☆愛倭塾會長附      小林 弘典 辯士
☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士
☆不条理を糾す会    管 利恵子 辯士
☆愛倭塾理事長     平田佐喜雄 辯士
☆天照志塾塾頭     三浦 祐之 辯士
☆皇國同志會會長    花上  功  辯士
☆愛倭塾會長      山口 秀明 辯士


 小春日和の清清しい朝に平田理事長の第一聲から演説會は始つた。
 幣塾演説會は右翼團體らしからぬ演説會と云はれるが、拙生は決してさうは思はない。何故なら我我民族運動に係はる者の願ひは本來有る可き姿の日本へ戻す事、つまり復古である筈と信ずるに他ならない。
 戰後、GHQにより國體崩潰を畫策されGHQの走狗と成り下がつた日教組が自國の文化歴史を歪め民族精神を失はせるやう働き現在にゐたつてゐる。結果現状の日本は道義道徳が希薄となり數多の獵奇事件が發生し、犯人を捕まへて見れば警察官、教師、醫師、公務員と云つた本來聖職者と云はれる者が性犯罪に手を染め性殖者と成り下がる。嘆かはしい限りである。
 此のやうに成つてしまつた吾が國日本を少しでも本來有る可き姿に戻す爲には如何にす可きか共に考へて行かうと訴へてゐる。
 先づ、小林辯士は國體、日本の國體とは如何なるものであるか、如何にして生れ育まれて來たのか自國を能く能く知る可きと訴へ。
 大日本文庫加藤辯士が  神武天皇肇國の際發せられた八紘爲宇、其に依り多くの教へが生れ素晴しい精神文化が受繼がれたと訴へた。
 不条理を糾す会菅辯士は、大和撫子を題材に美しく素晴しい日本女性が往なくなつてしまつたと云ふ。テレビドラマの影響荷より女性が強くなつたと云ふより勘違ひをしてゐる人が多くなつたと云ふ。
 平田辯士は日本に傳へられる傳統文化を基にした教へ、士道、武士道、竝び諺に學びたる日本精神文化を訴へた。
 皇國同志會花上辯士は憲法問題を取上げ、本來有る可き姿の日本は何事も搖がぬ是非を持ち他國に對しても其の姿勢を堅持してゐた。更に其の事を誇とし皇國の教へを中外に施す可しと訴へた。
 山口辯士は縷縷辯士の總括として、先づ身近なものとして女性の井戸端會議、居酒屋での不平不滿會議等で聞かれるものは、決して愉快なものではなく何かをして貰ふ事が前提の話である。
 己が出來る事で何らかの貢獻をする事が前提ではない。つまり、己の生きる意義すら解らうともして居ないのではないか、拙生は戰後生れでは有るが、幸な事に日本の正しい教育を受けたと信じて居る。
 俗に云ふ戰後教育は、日本の國體とは如何なるものであるか、教へられる事もなく 神武天皇肇國の際發せられた八紘爲宇とは何なのか、日本民族文化である大和撫子は如何なるものか、
日本は何事も搖がぬ是非を持ち其の姿勢を堅持たと云ふ事は如何云ふ事なのか全く聞いた事のなひ事であらう。
 拙生等團塊の世代と云はれる者は其の教へを受けたにも拘らず傳へる努力を怠つて居た。つまり傳統文化を斷ち切つてしまつたと往つても過言ではなひと云へるのだ。戰後教育の中で出來る事にも拘らず行はない「不作意の罪」を犯してゐたのである。
 確かに「義」「正義」「國益(利)」等と云ふもので動くのも否定するものではないが、本來の日本人は學ばうが學ばざらうが自然の行爲として如何なる場合にも搖がぬ大義に動かされて居たのが日本臣民であり本來の日本民族である。
 惡徳政治家や惡徳企業を糾彈する正義を示すのもゑひだらう。然し、我我の本來す可き事は有る可き姿の日本を傳へる事こそが與へられた使命と信ずる。

e0209864_16432938.jpg

     小林 弘典 辯士
e0209864_1645849.jpg

e0209864_16452383.jpg


e0209864_1646853.jpg

大日本文庫加藤辯士
e0209864_1649408.jpg

 不条理を糾す会菅辯士
e0209864_16523749.jpg

平田辯士
e0209864_16563888.jpg

e0209864_16532738.jpg

天照志塾三浦 祐之 辯士
e0209864_16583461.jpg

e0209864_16592191.jpg

皇國同志會花上辯士
e0209864_171529.jpg

e0209864_1735381.jpg

山口辯士
e0209864_1754412.jpg



































[PR]
by iamhide3897 | 2017-05-01 16:28 | 報告 | Comments(0)