虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2017-07-17 00:54
演説會
at 2017-06-19 21:31
演説會
at 2017-05-29 21:55
民族派有志聯帶運動
at 2017-05-04 19:24
武藏野御陵
at 2017-05-01 21:07

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

◎民主党にもの申す神奈川大会

神奈川有志の会 
民主党にもの申す神奈川大会


皇紀二千六百七十年  十月十一日

  
e0209864_17131753.jpg


呼び掛け〉
神奈川有志の會 (呼び掛け人代表・吉本蓮巳)
愛心翼贊會・菊水國防連合・義信塾・皇憂楠心塾・盛道烈士會・大行社相模支部・大日本勝魂社・大悲會・同血社・日本皇論社・日本誠龍社・瑞穗塾・憂國清心同友會 (五十音順)

〈参加団体〉
愛心翼贊會・愛倭塾・一灯会・霞志書宝・神奈川県維新協議会・菊水國防連合・義信塾・皇國同志会・皇憂楠心塾・皇論社・國憂館・新風義塾・盛道烈士會・青年意志同盟 青水塾・晴龍義塾・全公連・大行社相模支部・大日本一誠会・大日本勝魂社・大悲會・魂守の会・統一戦線義勇軍・同血社・同血社神奈川県連合・同血社泰道社・同血社大日本正義党・防共新聞社・瑞穗塾・東方青年連盟・明鏡会・日本皇論社・日本誠龍社・日本赤心社・日本民族青年同盟・日本憂心会・野村秋介思想研会・平岡道場・憂國清心同友會

 連休最終日、日差しも久し振りに熱い。時間の迫るにつれ大勢の同志が集まる。
 現与党民主党政権の余りにも不甲斐ない政治は國民に負担を与へるばかりか國の権威を貶めるものである。
 日本は長い歴史の中で世界に誇る道義国家として、其の国是を守り育み受け継いできた國であるにも拘はらず、国難が降りかゝる時一党の権力争ひに奔走し國の指針を忘れ、迷走してゐるのだ。
 先進諸国だけではなく発展途上国までもが、日本をどの様に見てゐるかは云はずと知れたこと、国勢状態を打破するには歴史に学ことが必定である。
 而るに尖閣諸島での支那漁船による衝突、此は単なる事故ではなく、故意に衝突させ問題視させたものである。支那漁船船長は聞く所人民解放軍であると云ふことだ。つまり支那が西沙諸島海域や南沙諸島海域で行つて来た事漁船員に化けた軍人が国家間問題を引き起こし、それに乗じて実行支配する。簡単な話領海侵犯、更に悪く云へば領海乗つ取りなのだ。
 嘗て聖徳太子は遣隋使小野妹子に国書を託し随王に渡した。その内容は「東の天子西の皇帝に申す。」つまり日本と云ふ國が小さくとも、如何に随國が大きくとも國としてあくまで對等であると国威を示し貫いたのだ。 当時の覇権策略と何等変はらぬ行動と云ふよりも更に悪質な策略を持つて其の行為に及んでゐる。
 その謀略をはね除けるには歴史に学び國民が防衛意識を高める事により、経済力、軍事力に
頼らぬ大きな抑止力を持つ事になるだらう。
 その為に國民がその意識に目覚めねばならない。「天下興亡・匹夫有責」国が興るのも滅ぶも匹夫つまり國民に大きな責任があると云ふ事である。
 不作為の罪を犯しては成らないと大きな声で道行く市民に訴へた。

神奈川有志の会呼び掛け人 憂国清心同友会鈴木副議長 瑞穂塾伊藤塾長 大日本勝魂社春木社主
e0209864_1714142.jpg

e0209864_1721896.jpg

e0209864_17215374.jpg

e0209864_17221923.jpg

         義信塾市村代行 民主党神奈川県本部前にて
e0209864_17225565.jpg

e0209864_17251378.jpg

e0209864_1726397.jpg

e0209864_17273383.jpg

e0209864_1729611.jpg

e0209864_17293960.jpg

[PR]
# by iamhide3897 | 2010-10-14 13:52 | 報告 | Comments(0)

◎横濱演説會参加

義信塾定例
横濱演説會参加

                                          
皇紀二千六百七十年  十月十日

参加人員  平田理事長

是の日は、平田理事長一人にて頑張つて貰つた。御苦労様でした。 017.gif

[PR]
# by iamhide3897 | 2010-10-14 10:17 | 報告 | Comments(0)

◎予科練慰霊祭

霞ヶ浦予科練慰霊祭参列
                                           
皇紀二千六百七十年 十月三日    
    
e0209864_19553138.jpg
                        
参加人員  山口會長 平田理事長  和泉隊員

 本年七月十九日予科練平和記念館への開館以来続く悪戯が有ると報道により聞き取材に訪れた際、陸上自衛隊土浦駐屯地、もとの土浦海軍航空隊内に併設される 雄翔館(海軍飛行予科練習生出身者により起てられた)を見学をする。海原会発行の機関誌に十月三日慰霊祭を行ふ事が記載されてゐた事で、是の慰霊祭を知る事となつた。
 亦、取材の結果「建設乃詞」にも掲載したやうに阿見町町長、天田富司男氏へ申し入れとして時局対策協議會の名で送付した。更に慰霊祭の場で糸賛館長と話す機会があり、其の後の経過を聞ひた所、町長から連絡があり申し入れの件聞いてゐますとの事であつた。更に指摘の対策は順次行つて行くと云ふ事である。
 亦、その後悪戯は全く無くなつたさうだ。
 慰霊祭へ参列し痛感した事、参列者の殆どが八〇歳代後半と高齢者である。海軍飛行予科練習生出身者、亦、其の御遺族となれば致し方ないが、式典準備、後片付けは海原会所属の高齢者である。
 御苦労様ですと頭の下がる思ひより、失礼乍ら痛々しさが過ぎる。式典を継続する努力は何処に彼の原動力があるのかと驚く程である。然し若者の姿が全くと云ふ程見あたらない、つまり渠輩にも我々同様伝へる努力が乏しいのではないだらうか。我々も機関誌を作る努力は認めると云はれるが、読ませる努力に乏しいとも云はれるのだ。是には全く反論の余地はない。
 予科練出身者にも子供、孫、更に曾孫と居る筈だらう。其の子供、孫の姿が見あたらない、自分たちの経験を聞かせてゐるのだらうか、是の生き残りの人達が亡くなつたら、今を生きる我々の為に尊い命を散華させ現代を残してくれた英霊に對する慰霊祭はどうなるのだらうか。亦、歴史は消え失せるのではないだらうかと暗澹たる想ひとなつたのが印象であつた。
 何も出来ないであらうが是の慰霊祭で、お会ひし、黨時の経験聞かせて頂いた方々、予科練の教官だつた方、亦、十六期出身者で海軍軍装会副会長、喇叭隊隊長、へ誠に失礼乍ら是の想ひを認めた書翰を送らせて頂いた。

                         自衛隊員による聖火
        
e0209864_19564689.jpg

                         音楽隊
        
e0209864_19581493.jpg

                    予科練碑の前にて(七月十九日撮影)
        
e0209864_19593958.jpg

[PR]
# by iamhide3897 | 2010-10-14 03:26 | 報告 | Comments(0)

◎第五十五回街頭演説會

第五十五回愛倭塾
定例街頭演説會

                                        
皇紀二千六百七十年 九月二十六日  
      
e0209864_20144128.jpg
                

 久し振りに他團體の応援は無し、不祝儀その他が重なり愛倭塾のみの演説會となつた。然し各弁士の熱弁は道行く人々の足を止めた。以前には無いことだが、自転車の御婦人が自転車を置き話しを聞いてゐた。其の御婦人、演説が終はると駆け寄り握手を求めてくると云ふ、前代未聞の行動に出た。正直、我々もその様なことに慣れてゐない事もあり一瞬たぢろいだ。大変失礼乍ら一瞬頭に異常をきたした御仁と疑つてまつた。
 以前には拍手その他、お誉めの言葉を頂く事も有つた。然し、逆に罵倒、叱責される事が有つても流石に御婦人が街宣車まで駆け寄り握手を求められたことは無い。話してみると至つて普通のご婦人であつた。
「判りやすかつた」「右翼と云ふものゝ考へが変はつた」等々好印象を持つて頂いたやうだ。  
全く失礼千万、御無礼致しました。 042.gif 三拝九拝
一同、今迄頑張つて来て良かつたと思ふ瞬間で有つた。


参加人員   

山口會長 平田理事長 小林會長付 

石塚理事 和泉隊員  青木隊員

[PR]
# by iamhide3897 | 2010-10-14 02:48 | 報告 | Comments(0)

◎札幌大通公園演説會参加

宮城縣日本革新党
       札幌大通公園演説會参加

                                         
皇紀二千六百七十年 九月二十一日
e0209864_1234132.jpg



     登壇弁士

     日乃丸青年隊  三塚正宏隊長補佐   
     義徳塾      三森健治運動局員
     日本革新党   平澤暁男先生       
     愛倭塾      山口秀明會長
     時事論評社   山本和也社主

 宮城縣日本革新党平澤暁男先生、北方領土問題にて納沙布よりの帰路、札幌入り短時間ではあるが演説會を行ふと云ふ連絡があり急遽参加することゝ成つた。
 領土問題で来たとは云ひながら民主党の政策に更には国民の目を覚ます一括を入れるべく熱弁を振るつた。
 日本革新党平澤暁男先生、日乃丸青年隊三塚正宏隊長補佐、義徳塾三森健治運動局員の三名にて北海道内を領土問題を訴え転戦してゐた。 札幌へは苫小牧フェリー埠頭への帰路、少々遠回りだが寄つたやうだ。
 限られた時間を有効に使ひ公安当局とも交渉しながらフェリー出航時間の許す限り領土問題、支那による領海侵犯、其の対応の不味さから國民に負担を与える民主党の問題と、後に参加した時事論評社山本和也社主、二十一世紀書院の梶浦直樹氏も加はり熱弁を振るい、道行く人々より声援を頂くに至つた。

[PR]
# by iamhide3897 | 2010-10-14 01:28 | 報告 | Comments(0)