人気ブログランキング |


虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

定例演説會
at 2019-06-08 20:21
定例演説會
at 2019-05-19 22:17
墓参
at 2019-05-19 21:36
墓参
at 2019-05-19 21:23
一般參賀
at 2019-05-05 23:26

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

◎定例演説会

第八十七囘
西葛西驛南口
定例演説會



紀元二千六百七十三年九月二十二日

登壇辯士
愛倭塾         石塚 孝男 辯士
愛倭塾         小林 宏典 辯士
愛倭塾         和泉 英行 辯士
励志救国協議會    奥貫 結華 辯士
励志救国協議會    三浦 裕之 辯士
日乃丸萬歳社     中野 正利 辯士
愛倭塾         平田佐喜雄 辯士



e0209864_1225715.jpg


今囘の演説會は山口會長、實父山口彌吉郎大人の命五年祭の爲め參加叶はず。平田理事長が一切を仕切る事となる。
 久し振りに勵志救國協議會の若人二名が、駈附け應援を戴いた。先日、田中本部長より聯絡を頂き勉強の爲とは云ふものゝ弊塾演説會が勉強になるとは思へぬ。田中本部長の配慮の言葉であらう。
 閑話休題。定刻十時に石塚辯士の先導に依る國民儀禮に始り、續いて石塚辯士の主張。
 石塚辯士は、何時もの如く教育問題に着いて誤つた日本の教育を正さねば明い未來は望めないと云ふ。日本の教育を擔ふ教職員組合は、日本の成立を教へる事なく白人文化からなる民主主義と云ふ美名の下、日本の美徳とされた和を破潰す可き個人主義を純粹無垢な子供達に施し、美しき日本文化を汚してゐる。今こそ百年の計と云はれる教育を正し、教育敕語を復活させる事で、自づと 皇祖皇宗に守られてゐる事を自覺し、國の素晴しさに氣附く事でせう。亦、忠誠心、敬拜、敬神、尊皇が當然の如く生れ明い未來が望める國となると聲を大にし訴へてゐた。
e0209864_493779.jpg


e0209864_410954.jpg

 小林辯士は、明治維新について語り、今日本の抱へる樣樣な不條理を考へるに、何故に明治御一新がなされたか、亦、何故に本來の御一新の意義を忘れ、西洋文化を取入れ、經濟發展に走り本來の日本民族精神を疎かにした事に依る弊害が今現在の不條理を産み出した。今こそ日本肇國の理念に立戻り本來の日本にしなければ爲らないと訴へる。


e0209864_4103857.jpg

 和泉辯士は、天罰ではないであらうかと云ふ事に着いて語る。餘りにも自國の歴史を知らな過ぎる。大東亞戰爭を取上げても悲慘な出來事のみを傳へる新聞、國際法に反する東京裁判史觀に基く教職員組合の教育を、疑ふ事なく受入れ正しい歴史を見る事はない。何故に大東亞戰爭へと進んだのか目を向ける事はない。
 戰後五十年に戰勝國亞米利加、日本にとつては敵國である亞米利加でさへ捕へてみれば、我が身内の如くルーズベルトの惡辣なる陰謀、畫策を暴露してゐるにも拘らず、我が日本政府は直た隠しにしてゐるのである。
 正しい目を持たぬ日本人に對し、御前達日本人は其のやうな民族として生れた譯ではなひと、神は天變地異と云ふ形をもつて我々に警鐘を鳴らしてゐるのであり、此こそが天罰であると云ふ。


e0209864_4112394.jpg
 應援に駈附けた勵志救國協議會、奧貫結華辯士は所屬する協議會の運動方針を唱へ、日本教職員組合の撲滅を訴へる。
 辯士は事細かに日教組の諸行を調べ聽衆に分り易く、女性である故に柔く訴へてゐた。然し地方公務員法に反し子供達を起きざりにし組合運動に奔走する教職員は實名公表の上即刻解雇せよと、子供に關する事では容姿から想像出來ぬ、可也過激な發言もしてゐた。


e0209864_4123754.jpg

 勵志救國協議會行動隊長、三浦裕之辯士は反中共デーに着いて、何故に反中共なのか、抑も日中共同宣言はとその前文を拔萃し讀上げ、支那が共同宣言にある相互尊重、相互不可侵、相互内政不干渉、恆久的友好に反し覇權、亞細亞諸國に武力による脅威を與へ、更に日本の領土である尖閣諸島に對し領有權を主張し樣樣な形を以て既成事實を畫策、領空侵犯、領海侵犯を繰り返してゐる。此は明らかなる侵略行爲であり許す可からざるものではない。依つて日中國交は支那に依つて破棄されてゐるのであり、打倒支那、打倒共産黨と爲つてゐる。と訴へ聽衆から「頑張つて下さい」と多くの聲が掛けられてゐた。


e0209864_4135786.jpg

 日乃丸萬歳社代表中野辯士は、現代と云ふ時代を殘し傳へる爲め、尊い生命を散華させた先人英靈に對し申し譯ないと思ひませむか、亦、何故に世の流れに流され感心を持たぬ日本人に爲つてしまつたのか。
 原發問題を取上げ反對運動をする人々をみても面白半分に反對してゐる人が多い。反對するなら徹底的に反對するなら分るが、「反對反對」と大聲を張り上げながら、原發に依つて生れたエネルギーで走る電車に乘り歸つて行く、どう考へても本氣で反對してゐるとは思へない。本氣で物事を考へる事が希薄に爲つてゐる。尊い生命を散華させた先人英靈は生命を掛けて家族、地域、更に國を思ひ己の慾を乘り越え散華させたのです。
 先人の智慧、經驗、更に殘された歴史を念頭に置き行動する事で惡化した世相を好轉させる原動力に爲る。
 先人英靈に對し恥ぢぬ生き方をして頂きたいと訴へてゐた。


e0209864_4141690.jpg

 平田辯士は日本民族が作り上げ、育んで來た素晴しい國。其の國が内から腐る現状、つまり、日本民族精神が希薄に爲つてゐる。
本來日本が世界に對し、否、白人社會に道義道徳を訴へた。「奴隸撤廢、人種差別撤廢、植民地撤廢」は白人社會にとつて死活問題となり利害保守の爲め日本に對し迫害の手を伸した事を知らなければ爲らないと訴へてゐた。

by iamhide3897 | 2013-09-23 04:15 | 報告 | Comments(0)