虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

春季靈大祭
at 2018-04-23 19:20
演説會
at 2018-04-23 19:09
演説會
at 2018-04-23 18:54
演説會
at 2018-03-27 00:41
演説會
at 2018-03-18 22:25

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

人生の旅日記とぼやき

再會


皇紀二千六百七十三年十月十三日

e0209864_23422895.jpg


 本來日乗に載せる可き事柄ではないと思ふのだが、人の繋がりも又旅と同じく人間形成に大きな影響を與へ育むものと考へ、更に我々が活動する上で援助、助言して戴いた人達との繋がりも旅と考へ載せる事とした。

 三年前の十月十五日である。仕事にて長野縣へ行き、そこで出會つた青年がゐた。新鮮な出會ひと日乗に載せた事のある原山青年であり、以來親交を深め現在に至のだが久し振りに逢ふ事となつた。
 餌屋のパパラツチと異名を持つ、三重縣の橋本篤青年。彼の聲掛かりで神奈川縣相模原市の高田橋にて行はれた、關東み組と云ふアートトラツクの團體が、東日本大震災支援チヤリテイ撮影會を開と云ふ事で、招かれたのである。元來アートトラツク好きの青年とそこで再會したのだ。と云ふのも昨年、やはり橋本青年の招で、み組のイベントへ顏を出した事を話した事から、是非今年のイベントには行きたいと話してゐたもである。
 抑も、其の原山青年と出會ふ切つ掛けと爲つたのは、小生が一昔、否二昔前、生業にしてゐた餌屋家業に使用してゐたのが、今で云ふアートトラツクと云はれる車兩であつた事から知合ふ切つ掛けと爲り、以來親交を深めた譯である。
 午前十時會場となつた高田橋にて、再會を祝ふ。原山青年は橋本青年の事は逢ふのは始めてと云ふ事であつたが、餌屋のパパラツチと異名を持つ憧の人物に逢つた事に可也興奮してゐた。
 人間の縁と云ふものは不可思議なものである。元來、アートトラツクのイベントへ顏を出す事は全くと云ふ程に無かつた。と云ふより厭ましく思つてゐたのである。然し、橋本青年の招は斷れず顏を出して見れば、意外な人物が意外な處で繋がり、驚く程の和を持つものである。小生が小僧と云はれる頃。尤も、現在もなほ馬齡を重ねるも殆ど成長は見られず淺學非才其のものである。
閑話休題、當時、女性が貨物トラツクに乘つてゐる事など無かつた時代である。決して美人とは云へぬが(怒るだらうな)うら若き女性が青果物を積み全國を走り囘る「お京さん」がゐた。
 此の「お京さん」小生が當時絶對に雜誌には寫眞を掲載させないとしてゐた小生の車兩を、掲載させた人物である。九州歸りの靜岡縣裾野の登坂車線走行中、駒門パーキングへ引入れられ、とある雜誌に寫眞掲載を頼まれたのだ。(半ば威されたと御理解戴きたい)當然の如く掲載せざるをへない状態にされたのである。約三十年前話しであるが、久し振りと云ふ可きか、忘れた頃と云ふ可きか御逢ひする事が出來た。互に紹介されるまで氣附かずにゐた程である。
 意外な人物は、愛心翼贊會山川本部長の後輩と云ふ人物、小諸重雄氏である。十數年程前にならうか、多摩の問屋にて小生の昔を知ると云ふ青年に聲を掛けられた事がある。其の青年が何と山川本部長の後輩であり、現在東京一番星と云ふ團體を率ゐる長と成つてゐたのだ。
 亦、映畫「トラツク野郎」の一番星號を制作した店。小生が所有した車兩、四臺の内二臺の制作を御願ひした中村屋塚本商店の社長、弟である中村屋トラツクシヨツプ社長も御逢ひ出來た。弟の中村秀夫氏は餌屋家業時代、最も苦しい時分助けて戴いた大恩ある人物である。未だ何の恩返しも出來ず、心苦しく思ふが變はらぬ御高配を戴いてゐる。今日も又顏を見るなり小生等の晝食を用意してあると云ひ、後にテントまで來いと招いて戴いた。感謝である。

e0209864_15481253.jpg

 懷かしい人物に逢ふ事が出來た喜びを味はひつゝ原山青年を紹介し、招かれてゐた中村氏のテントで原山青年、橋本青年、朝から同行してくれてゐる小林氏と共に晝食を御馳走になつた。鱈腹御馳走になり食ひ逃げ同樣に歸路に着いた。縁は異なもの意氣なものと云はれるが、會場出口附近にて驚く事に以前、愛倭塾の前身である愛國防衞社に所屬してゐた樋口隊員の後を嗣ぎ在もつて樋口荷役を背負ふ、丸山氏も北海道から仲間三人と態々駈附け參加し逢ふ事が出來た。餘談になるが、鱈腹御馳走になり食ひ逃げしたうえ、此の四人の晝食を中村氏に電話し押付け會場から逃走したのであつた。
 本日は、久し振りに橋本青年の誘に原山青年、小林氏と共に參加し、昔懷かし良き時代に浸る事が出来。更に意外な人物、御世話に為り乍ら御無沙汰してゐた御仁に逢ふ事が出來た良き日であつた。
 橋本青年に感謝である。

e0209864_23452250.jpg

   中村屋塚本商店社長と久し振りに挨拶、其の後ろに立つ赤いスラックスの橋本青年
e0209864_23494564.jpg

   冥府魔道と書かれた樋口荷役。子連れ狼、拜一刀の台詞にある言葉だが北海道から全国へ魚を運ぶ道も地獄の様なものと云ふ事であらうかfont>

 十年に一度と云はれる颱風二十六號が接近してゐるとの事、皆さん氣を付けて御歸り下さい。

e0209864_15503653.jpg

e0209864_1924312.jpg

[PR]
by iamhide3897 | 2013-10-15 00:12 | 旅 日記 | Comments(0)