虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2018-10-01 22:01
演説會
at 2018-10-01 00:13
素交祭
at 2018-10-01 00:02
演説會
at 2018-09-30 23:50
懇親會
at 2018-09-30 22:09

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

此の命・義に捧ぐ

戰神と呼ばれ
臺灣を救つた男


   北支那方面軍司令官、元陸軍中将根元博
e0209864_14141139.jpg


 先日、誇ある武士道と云ふ事で日乗掲載をした事もあり、偶偶散歩の途中書店にて「惻隱の心」と云ふ文字に反應してしまつた。
 惻隱の情とは前囘説明したので此處で説明は無用と考へる。目に附いたのは儒教の本であつた。
 元來小生は日本に於ての儒教とは、支那東周春秋時代、魯の孔子によって體系化された學問であるが、朝鮮半島を經て日本傳來となり「儒教を學ばざるして武士と云はざる」と迄云はれたやうに浸透したものである。然し、其の儒教は日本の傳統文化に照し合せ、日本の儒學者であつた山崎闇齋先生や門人淺見絅齋先生等によつて確立された崎門學であると小生は信ずる。
 而、「惻隱の情」とは神武天皇敕語「八紘爲宇」から日本古來より育まれた教へであると信ずる。
 閑話休題、書店にて「惻隱の心」と書かれた書物の側に『此の命・義に捧ぐ』と或る書物に惹かれ立ち讀み、買はうとしたが残念乍ら散歩の途中財布を持つてゐない。自宅へ返り調べてみれば、何と武士道に繋がる事であつた。
 大東亞戰爭終戰當時、北支那方面軍司令官、最高責任者として戰後處理を務めた、根元博元陸軍中將の事が書かれたものである。北京に於て無條件降伏調印式が行はれた直後、ソ聯は武裝解除した軍人而已ならず占領した満州・北鮮・樺太・千島にゐた民間人、約百七萬人がシベリアやソ聯各地に送られ共生勞働させられた。つまり抑留である。
 根元中將は邦人を守りながら戰勝國となつた中華民國蒋介石總統に交渉し、在留日本人四萬人の内地歸還と北支那方面の三十五萬将兵の復員を終らせ、最後の船で歸國した。此の事で根元博は軍民合せ三十九萬人の命を救つてくれた蒋介石に生涯恩誼に感ずるとしてゐた。
 根元博は昭和二十四年復員後、東京町田市鶴川の自宅に過した。
 支那に於て昭和二年から始つてゐた國共内戰が一時大東亞戰爭により中斷してゐたが再發。
 恩誼ある蒋介石が窮地に立たされてゐると聞き、矢も楯もおられず明石元長の畫策にて宮崎港を出港つまり密出國である。最短ルートを取り臺灣北部基隆(キールン)港へ十四日を掛け上陸した。
 根元は家族に密航幇助の罪が及ぶ事を恐れ、一言も話さず家を出る際には愛用の釣竿一本を携へ釣に行くと云つて其の儘吉本是二と共に福岡へ向つたのである。
 明石元長は臺灣が日本統治下時代、總督を努めた明石元二郎の息子で根元、吉本の臺灣密航を手引した人物である。宮崎港出港を見送り過勞の爲、東京自宅へ戻り四日後四十二歳でこの世を去つた。明石元長はGHQ占領下にあつて密航計畫の苦難は幾何のものであつたか想像を絶するものであつたであらう。
 根元博、吉本是二の兩名は基隆港上陸後、密航者として身柄を拘束され投獄された。而、投獄が嘗て交流のあつた國府軍上層部へ傳はるや待遇は一變、臺北へ移動し北投温泉での靜養を經て、基隆港上陸から約一ケ月後の昭和二十四年八月蒋介石と再會する。
 時おりしも米國が國民黨政府への軍事支援打ち切り、蒋介石は根本の申出を受け容れた。
 根元は臺灣名「林保源」吉本は「林良材」と名を變へ湯恩伯の第五軍管區司令官顧問、中将に任命された。亦、湯恩伯は根本を「顧問閣下」と呼び禮遇した。
 根元は大軍勢を相手に厦門(アモイ)での鬪ひは、條件不利として放棄し、金門島を據點とする事を提案、直接指導に当たつた。
 程なく國府軍は厦門(アモイ)を失陥。金門島での決戰が迫る中、根本は塹壕戦を指導、十月二十四日、金門島における古寧頭戦役を指揮、上陸してきた中國人民解放軍を撃破、同島を死守したのである。
 此の戰の際、人民解放軍を敢て上陸させ乘つて來た船を攻撃燒はらい後續を絶つ作戰に出た。更に激戰の末人民軍を島北西部にあるコノエイ村に追ひ詰めた。國府軍は集中砲火を浴びせ撃滅する作戰をとるとしたが、根元は村人にも死傷者が出る。村人の命は守る可きだとして猛反對した。
 根元は敢て退路を一箇所だけ開けて退路に集中する人民軍全てを捕虜にし流血を最小限に押さえたのである。
 十月三十日、湯恩伯は「林保源」を含む部下達と共に、台北に凱旋。その後、金門島を巡って三年に渡り戰神と讚へられ激戰を指揮、金門砲戦が展開されたが、後に根本らの歸國後も、人民軍は根元の計畫した作戰を破る事叶はず、現在に至る臺灣の存在が確定した。
 根元、吉本等歸國に先立ち、蒋介石は根元等の功績を讚へ、感謝の品として、英國王室と日本の皇室に贈つた物と同じ花瓶を根本に贈呈してゐる。本來花瓶は一對だが釣り竿を持つ老子が描かれた片方の花瓶を渡し、もう片方は現在も尚、中正記念堂に展示されてゐる。
 昭和二十七年六月二十五日、民航空運公司機により日本へ歸國したが、三年前の密出國については不起訴處分と爲つた。晩年は鶴川の自宅で穩やかに過ごしてゐたが、昭和四十五年五月五日、孫の初節句の後に體調を崩して入院。同月二十一日に一度退院するも、二十四日に急死した。享年七十四歳だつた。

 平成二十一年に行はれた古寧頭戰役戰没者慰霊祭に根本の出國に尽力した明石元長の子息・明石元紹や、根本の通譯として長年行動を共にし、古寧頭の戰ひにも同行した吉村是二の息子・吉村勝行、その他日本人軍事顧問団の家族が臺灣政府に招待され、第十二代総統・馬英九と會見した。
 亦、明石元紹と吉村勝行の歸國の際、中華民國國防部常務次長の黄奕炳中将は報道陣の前で「國防部を代表して」當時、古寧頭戦役に於ける日本人關係者の協力に感謝してをり、是は『雪中炭を送る(困った時に手を差し延べる)』の行爲と云へる。とした感謝の言葉が述べられた。
 此の事により、台灣政府により正式に日本人の關與が初めて公表された事になつた。
「臺灣を救つた戰神として今尚讚へられてゐる」














[PR]
by iamhide3897 | 2014-11-09 14:16 | 大和舎 | Comments(0)