虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

演説會
at 2018-10-01 22:01
演説會
at 2018-10-01 00:13
素交祭
at 2018-10-01 00:02
演説會
at 2018-09-30 23:50
懇親會
at 2018-09-30 22:09

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

慰靈旅









紀元二千六百七十八年六月十日~二十五日

e0209864_14170571.jpg
石田塾創設者、石田新太郎大人命の御靈に

慰靈する爲石田の實子と共に墓石を訪れる。


e0209864_14175465.jpg
小學校時代、御世話に爲つた校長先生竝び

御内儀、實は同級生の親でもあつたが事の

善し惡しを學ばせて頂いたのが先生よりも

御内儀だつた。

其の恩は今でも忘れる事は出來ない。





e0209864_14183370.jpg
室蘭驛直ぐ側にある港の文學館、館長を務める

中學時代の恩師に逢ふ爲室蘭を訪れるも如何せむ

時間が早過ぎる。開館の時間迄と地球岬を訪れる。


e0209864_14192820.jpg
夕張神社は夕張炭礦鉄道株式会社設立と共に夕張

炭山竝びに鉄道敷設の安泰祈願のために當時の登川

村夕張炭山字社光に神殿を築造したのが發祥。

葯百三十年前である


e0209864_14210782.jpg



e0209864_14215155.jpg
學生時代隨分と御世話に爲つた通學列車。

來年三月には配線と爲るとの事、殘念である。

配線と爲る事を知り、現役で動いてゐるうちに見

たいと神奈川縣平塚からやつて來たと云ふ親子。

其にしても生れたばかりの赤ん坊、三ヵ月との事だ

つたが上着も着せず脣は紫色に爲つてゐた。

此でも親なのかと嘆く。
e0209864_14231016.jpg


e0209864_14240414.jpg
e0209864_14244683.jpg

e0209864_14255233.jpg
我が母校夕張工業高校。

今は卒業生協贊の基に石碑を殘すのみで、更地とな

つてゐる。

強ひて云ふならばグランドが辛うじて面影を殘して

ゐた。


e0209864_14261816.jpg



e0209864_14265654.jpg



e0209864_14271998.jpg
札幌護國神社立派な神社ではあるが、拙生が

訪れてゐる間一人の參拜者と逢ふ事は無かつた。



e0209864_14290324.jpg

e0209864_14312617.jpg

e0209864_14320569.jpg


e0209864_14324998.jpg



e0209864_14334015.jpg
北海道神宮は支那の觀光客が大勢訪れ、賑はつて

ゐると云ふより神聖なる場所を汚されてゐると云つ

た方が正しからう。

何故に道徳の基となる儒教の國である支那の人間

は道義心が欠落してゐるのか。
e0209864_14340126.jpg


e0209864_14360144.jpg


e0209864_14362211.jpg
此處でも大聲を張り上げ會話する支那觀光客。

確かに經濟的には效果を齎すのかもしれない。

然し一般の人間からすれば迷惑以外の何物でもな

い。

大聲を張り上げずとも會話は出來るであらう。

塵芥も塵芥箱や籠が有るのだから其に入れれば良い

だけの事であるが、テーブルや椅子の上に置いて行

く。

注意すると日本語が解らない振りをする。全く始末

が惡い。

丁度愛媛の女子高が就學旅行で訪れてゐたが、御年

寄りに席を讓る、階段では手を引いてエスコート

すると云つた道徳心を發揮し、心の美しさを見せ附

けてゐた。流石日本の美少女達よ。



e0209864_14365976.jpg

e0209864_14375419.jpg
幼き頃、野山を駈け巡り、亦、川で魚を獲つて遊ん

だ。(鮭、石斑魚、ヤマメ、ハヤ、岩魚、泥鰌、

ガッぺ)

此處は閉山と共に姿を滅した大和炭礦が開校し

た。大和小中學校が有つた場所である。尤も今は只

の雜木林、そこで暮した者でなくては解らないだら

う。



因に冬場は、木々が枯れてゐる爲め多少は見易くなつてゐた。


e0209864_21441044.jpg

e0209864_21443068.jpg

e0209864_21444713.jpg

e0209864_21445954.jpg


























































[PR]
by iamhide3897 | 2018-07-01 14:42 | 旅 日記 | Comments(0)