虚け者のぼやき


by iamhide3897

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

宮城一般參賀
at 2019-01-06 16:24
演説會
at 2018-12-31 14:56
明治節
at 2018-11-30 14:09
演説會
at 2018-11-27 19:55
演説會
at 2018-11-23 18:53

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

カテゴリ

敬神崇祖尊皇
明鏡止水・着眼大局
皇國志士聯合
愛倭塾
告知
報告
ぼやき
旅 日記
大和舎

フォロー中のブログ

神光迎来
同血社主人の一艸獨語
もっこすのための熊本愛郷新聞

外部リンク

最新のコメント

拙生は御成敗式目に有..
by iamhide3897 at 15:40
時下ますますご清祥のこと..
by mishima19701125 at 02:38
和歌山での一時が貴兄の今..
by iamhide3897 at 14:24
先般は有難う御座いました..
by 瓶子廼舍主人 at 23:30
2 憂國者 殿 ひと..
by iamhide3897 at 12:42
憂国者殿 指示して..
by iamhide3897 at 00:34
私は右翼の人達を指示して..
by 憂国者 at 00:59
② 然し、此は單な..
by iamhide3897 at 18:15
①臣民修行者様 貴..
by iamhide3897 at 18:15
皆樣、本当に御疲れ樣です..
by 臣民修行者 at 02:30
③ 小生は尠くとも支那..
by iamhide3897 at 19:38
② 韓國や北朝鮮のやう..
by iamhide3897 at 19:38
① 何故「倭」なのか確..
by iamhide3897 at 19:37
どのやうな事が貴方の共感..
by iamhide3897 at 15:46
「和」ではなく「倭」の文..
by 何故 at 20:22
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 14:59
何の情報も無く解りません..
by iamhide3897 at 22:14
寺田裕也はいつ出て来ます..
by はてな at 15:24
是非見て下さい。 淺學..
by iamhide3897 at 23:20
とても魅力的な記事でした..
by 投資の初心者 at 14:40

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
シニアライフ

画像一覧

カテゴリ:報告( 342 )

宮城一般參賀

宮城一般參賀



明治神宮參拜



靖國神社參拜



数寄屋橋慰霊拜



e0209864_15531970.jpg



紀元二千六百七十九年一月二日


 本年は平成最後の一般參賀となる。

愚生若き頃より懇意にして頂いてゐる、三重の誠心義塾、

平田安幸氏からの依頼にて宮城參拜に同行させて欲しいとの事

で宮城・明治神宮・靖國神社・更に數寄屋橋交差點、

愛國黨赤尾敏先生・筆保泰禎先生の聖地として禮を捧げたい

との平田氏の希望にて全てを同行する事となつた。




e0209864_15535906.jpg

e0209864_15545172.jpg



e0209864_15553536.jpg



e0209864_15563009.jpg


e0209864_15570269.jpg


e0209864_15585068.jpg
e0209864_15573259.jpg



e0209864_15594456.jpg

e0209864_16002280.jpg


e0209864_16012464.jpg

e0209864_16030087.jpg

e0209864_16034282.jpg


e0209864_16041054.jpg


e0209864_16043115.jpg


e0209864_16052390.jpg


最後に東京驛にて別れるが、御代代はりには再度上京するとの

事で再會を誓い別れ歸つて行つた。








































































by iamhide3897 | 2019-01-06 16:24 | 報告 | Comments(0)

演説會

第佰肆拾肆囘



愛倭塾



西葛西驛南口驛頭



定例演説會








紀元二千六百七十八年十二月二十三日



 本日は平成最後の天長節となつた。先づ始に宮城に趨き、

陛下に對し祝意の禮を捧げる。

e0209864_14372898.jpg
約三十年參賀に宮城を訪れてゐるが、此のやうに多くの人が訪

れるのは見た事は無ひ。


やはり平成最後となる事が人人の足を向けてゐるのか?、

となれば些か素直に慶ぶ事は出來ない。 イベント的な感覺で

尊皇心の欠けらも無い者が物見遊山で宮城を訪れるのには如何

なものかと思はれる。全く嘆かわしい風潮と云へるであらう。




e0209864_14382544.jpg










定例演説會



☆協力團體☆


☆大日本文庫



☆皇國同志會





☆登壇辯士☆



☆愛倭塾          小林 宏典 辯士



☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士



☆愛倭塾        平田佐喜雄 辯士



☆皇國同志會會長     花上  功  辯士




☆愛倭塾        山口 秀明 辯士













本年度最後の演説會は、奇しくも平成最後の天長節と重なるは

何かの因縁であらうか。

 辯士一同に本年を振り返り、樣樣な出來事を題材に訴へてゐた

が、其の本質は全て日本の風土傳統文化に育まれた精神文化

へと話は進んでゐた。

世間一般の話は全て法律の強化を訴へてゐたが、然し乍ら我我

は何故に其のやうな事件事故が起るのかを考へなければな

らないと訴へる。

抑も事件事故が起きる原因が何處にあるのか。取り締まる事

よりも、起きる原因を正さなければ根本的な解決とはならない

だらう。

川に例へるならば、川底を必死に清掃しても河上から流れる

汚染物質を取り除かなければ川は綺麗に爲る事は叶わない。


吾が國日本は、天照大御神からの教へで素晴しき精神文化を

育んで來た國であるが、大東亞戰爭終戰以降、GHQの日本

弱體化政策の一環として日本教職委員會竝び全日本教職員組

合に依つて施された洗腦により最も和を貴む精神文化を破壞さ

れてしまつたのである。

今此處で本來持つ可き素晴しき精神文化を取戻さなければ、

猿の如き知識の低い獣と同じく堂々巡りの惡循環を繰り返さな

ければ爲らない嘆かはしき時代となり、子子孫孫に誇ある世を

渡す事は出來なくなるであらう。






e0209864_14402658.jpg
小林辯士


e0209864_14420431.jpg
    加藤辯士



e0209864_14471784.jpg
   平田辯士


e0209864_14481742.jpg
   花上辯士



e0209864_14492705.jpg
    山口辯士

本年一年御協力戴いた皆樣へ心より感謝申上げます。

どうか良い年を迎へられますやう御祈申上げます。

































































by iamhide3897 | 2018-12-31 14:56 | 報告 | Comments(0)

明治節

明治節


明治神宮參拜





紀元一六七八年十一月二十三日


會長生業都合上參加出來なかつたが、平田理事長を始に大日本文庫加藤氏を同行、小林理事と明治神宮を參拜。
明治大帝へ感謝を捧げる。


e0209864_14114780.jpg


e0209864_14120351.jpg


e0209864_14122595.jpg



e0209864_14123985.jpg



e0209864_14125259.jpg









by iamhide3897 | 2018-11-30 14:09 | 報告 | Comments(0)

演説會

第佰肆拾參囘





愛倭塾





西葛西驛南口驛頭





定例演説會






e0209864_19244369.jpg







紀元二千六百七十八年十一月二十八五日






☆協力團體☆





☆大日本文庫






☆皇國同志會






☆盛道烈士會








☆登壇辯士☆






☆愛倭塾 小林 宏典 辯士






☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士






☆愛倭塾        平田佐喜雄 辯士






☆皇國同志會會長    花上  功  辯士






☆盛道烈士會會長    盛  義一 辯士






☆愛倭塾        山口 秀明 辯士








e0209864_19252795.jpg






小林 宏典 辯士





e0209864_19262198.jpg





加藤 昭男 辯士






e0209864_19271954.jpg





平田佐喜雄 辯士






e0209864_19282309.jpg






花上  功  辯士






e0209864_19290788.jpg






盛  義一 辯士







e0209864_19300054.jpg







山口 秀明 辯士


本日は今季初の冷え込みが強い日であつたが、辯士一同熱い訴

へをしてゐた。

幣塾演説會は、日本の本來ある可き姿に戻したいと云ふ願ひを、

如何に實現明い希望を持てるやう共に考へる爲に行つてゐる。

現状、日本の國際的立場は決して状況下にあるとは云へない

だろう。安倍總理と米國大統領トランプとの間がマスメデアで云は

れる程良好ではない。亦、露西亞プーチン大統領との間で行は

れた首腦會談に於ても與黨は樂觀視してゐるが、北方領土問題

は不明瞭に成つてゐる。隣國韓國の間には、不法占據されて

ゐる竹島の問題から始り、有もしない従軍慰安婦問題、解決

濟みの徴用工問題其の他、二國間に於て戰後處理が既に終へ

てゐる筈の問題が再發してゐる。更に國内に於ては、與黨に

依つて國會の強行採決が行はれ、外國人勞働者受け容れに關

する法案やPFI法が可決成立し、水道が民營化されやうと

してゐる。

此は全て經濟を優先し、本來日本の持つ御國柄民族性を疎か

にしてゐる事から始つてゐる。

本來神代から傳へられた教へ、其の教へに依つて育まれた精

神文化を嚴格に發揮する事で問題の殆どは解決されるであら

う。

精神文化の一つに互を思ひ遣る、亦弱いものに對する思ひ遣

り「惻隱の情」がある。


日本肇國以來數度、諸外國との戰爭を行なつたが連戰連勝を

重ね、唯一大東亞戰爭には奇しくも敗戰を味はふ結果となつ

たが、戰爭と云ふものは人間の精神を異常な状態にするもの

である。日本のやうに武器を作る爲の資源に乏しく兵力が劣

る國は神代から傳はる教へを基に精神力で戰ふ以外ないので

ある。敗戰した大東亞戰爭は戰ふ相手が聯合國となれば當然

の如く、兵力武力共に日本は比較に成らぬ程劣つてゐた。

然し、日本はハルノートを押附けられ「戰ふも亡國戰はざる

も亡國」と云ふ状態に追ひやられたのである。苦戰を強ひら

れ食糧、兵器が竭き戰ひの中、精神状態を正常を保つ事は難

しい事であつたであらう。亜米利加を始めとする聯合國は短

期間の内に勝利出來ると踏んだのだつたが、敗戰まで葯四年

戰ひ續けたのである。

其は日本がの精神文化が育んで來た精神力であり、戰後聯合

國は日本の精神文化を最も恐れ、日本弱體化政策の中で精神

文化破壞を最優先とした程である。

 亦、戰時中海軍兵學校にて當時、校長であつた鈴木貫太郎

は「惻隱の情」を強く教へ、誇り高き武士道と稱讚された事

柄が多くあつた。

 大日本帝國海軍工藤俊作中佐、北支那方面軍司令官、元陸

軍中将根元博、大日本帝國陸軍中川州男大佐其の他、「惻

隱の情」の教へを苦戰を強ひられ異常な状態に有りながら強

く貫いたのだ。

 工藤艦長は昭和十七年、驅逐艦「雷」にてスラバヤ沖海戰

の掃討戰に於いて撃沈された英海軍重巡「エクセター」英駆

逐艦「エンカウンター」等の乘組員四百二十二名を敵潛水艦

の魚雷攻撃の危險を侵し救助した。 當時は敵兵を救助す

るなどと云ふ行爲に對し「非國民」と云ふ拭ひ切れない汚名

を受ける事になる。然し、工藤艦長は敢て鈴木貫太郎校長の

教へ「惻隱の情」を實踐した。

「惻隱の情」とは例へ敵兵であらうが鬪ひが終へた後は、御

互の健鬪を讚へ勝者が敗者に對し敬意をはらい思ひやる心。

弱者に對する思ひやりの心。武士道の眞髓に他ならない。更

に工藤艦長は、救助されたと云へ捕虜に變りはなく怯える敵

海兵將校を全て集め「貴方達は御國の爲、勇敢に鬪つた誇あ

る勇士である。貴方方は當艦の名譽あるゲストである」と決

して捕虜と云はず勇者に敬意を示した。此も亦、武士道の一

節にある「勇者は勇者を認む」を實踐したのである。

 根元中將は邦人を守りながら戰勝國となつた中華民國蒋介

石總統に交渉し、在留日本人四萬人の内地歸還と北支那方面

の三十五萬将兵の復員を終らせ、最後の船で歸國した。此の

事で根元博は軍民合せ三十九萬人の命を救つてくれた蒋介石

に生涯恩誼に感ずるとしてゐた。支那に於て昭和二年から始

つてゐた國共内戰が一時大東亞戰爭により中斷してゐたが

再發。

 恩誼ある蒋介石が窮地に立たされてゐると聞き、矢も楯も

おられず明石元長の畫策にて宮崎港を出港つまり密出國であ

る。最短ルートを取り臺灣北部基隆(キールン)港へ十四日

を掛け上陸した。

 根元は家族に密航幇助の罪が及ぶ事を恐れ、一言も話さず

家を出る際には愛用の釣竿一本を携へ釣に行くと云つて其の

儘吉本是二と共に福岡へ向つたのである。 根元は臺灣名

「林保源」吉本は「林良材」と名を變へ湯恩伯の第五軍管區

司令官顧問、中将に任命された。亦、湯恩伯は根本を「顧問

閣下」と呼び禮遇した。

 根元は大軍勢を相手に厦門(アモイ)での鬪ひは、條件

不利として放棄し、金門島を據點とする事を提案、直接指導

に当たつた。

 程なく國府軍は厦門(アモイ)を失陥。金門島での決戰が

迫る中、根本は塹壕戦を指導、十月二十四日、金門島におけ

る古寧頭戦役を指揮、上陸してきた中國人民解放軍を撃破、

同島を死守したのである。

 此の戰の際、人民解放軍を敢て上陸させ乘つて來た船を攻

撃燒はらい後續を絶つ作戰に出た。更に激戰の末人民軍を島

北西部にあるコノエイ村に追ひ詰めた。國府軍は集中砲火を

浴びせ撃滅する作戰をとるとしたが、根元は村人にも死傷者

が出る。村人の命は守る可きだとして猛反對した。

 中川州男大佐はパラを統治した際、現地先住民には友達、

仲間と差別する事無く接しスペインやドイツ植民地時代には

同室にゐるなど有り得なかつた。亦、共に呑み、共に歌ふ酒

盛をし、日本人は差別しないと徐々に受け容れられるやうに

なつた。

 子供達の學校教育もパラオの文化を守り乍ら共に歌ひ共に

學びと日本語も教へ、公用語として受け容れられた。其の

事で未だパラオでは日本語の歌や名前が存在してゐる。

 大東亞戰爭末期には南洋群島周邊では烈しい戰が數多くあ

り。ペリリュー島に於ても日米兩軍の壯絶な七十三日間にも

及ぶ戰ひが有りました。

 米軍は、日本軍の兵力の約四倍・航空機二百倍・戰車十倍

重火砲百倍以上の壓倒的軍事力で總攻撃をすると情報に島民

は仲間と話合つた結果、代表數人と共に守備隊隊長中川州男

(くにお)大佐を訪れ、「私達も仲間として共に戰はして欲しい」

と申出をした。

其を聞くなり中川大佐は激昂し「帝國軍人がきさまら土人と

一緒に戰へるか」と叫んだ。

日本人は仲間だ友達だと云ひ乍ら見せ掛けだけで、我我を欺

いてゐたのかと島民は裏切られた氣持に涙を流した。

 空襲を避ける爲、島民全てが強制疎開に船に乘り島を去る

夜、日本兵は誰一人見送りに來ない。島の若者達は、悄然

と船に乘込んだ。

 然し、船が島を離れた瞬間に日本兵全員が夜の濱に走り出

て來て、一緒に歌つた唄を歌ひ乍ら手を振つて彼らを見送つ

てゐた。

 月の光に照された其の先には、先頭に立ち笑顏で手を振る

あの守備隊長中川大佐がゐた。

其の瞬間、あの言葉は自分達を戰火に交へる事なく救ふ爲だ

つたと悟つた。

此のやうに、日本民族は神代から傳へ育まれた民族精神は、

素晴しき行なひをし日本國民として被ろく世界に誇れるもの

である。

此の民族精神を嚴格に發揮する事で、諸問題全てに對應して

行く事が出來ると信ずる。
















協力團體皆樣竝び參加會員御苦勞樣でした















































































by iamhide3897 | 2018-11-27 19:55 | 報告 | Comments(0)

演説會

皇國同志會


本厚木驛南口演説會


e0209864_18560813.jpg




紀元二千六百七十八年十一月十八日





☆登壇辯士☆





☆皇國同志會本會長   花上 功  辯士




☆愛倭塾會長附     小林 弘典 辯士



☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士




☆愛倭塾會長      山口 秀明 辯士




☆皇國同志會本部長   川原 弘幸 辯士



e0209864_18571663.jpg

花上 功  辯士


e0209864_18585475.jpg


 
   小林 弘典 辯士







e0209864_19014728.jpg
加藤 昭男 辯士





e0209864_19041417.jpg





     山口 秀明 辯士








e0209864_19052213.jpg


 
   川原 弘幸 辯士






參加會員御苦勞樣でした。

































by iamhide3897 | 2018-11-23 18:53 | 報告 | Comments(0)

明治節

明治節


明治神宮参拝




紀元二千六百七十八年十一月三日

e0209864_23093426.jpg


平田理事長、小林會長付に大日本文庫加藤昭男氏が參拜

e0209864_23100618.jpg




e0209864_23102065.jpg



e0209864_23104799.jpg
様様な催し物が行はれてゐた。




















































by iamhide3897 | 2018-11-05 23:04 | 報告 | Comments(0)

演説會

第佰肆拾貳囘


愛倭塾



西葛西驛頭



定例演説會








紀元二千六百七十八年十月二十八日







e0209864_19051857.jpg


e0209864_19054177.jpg




e0209864_19061308.jpg



e0209864_19063882.jpg



e0209864_19065569.jpg




e0209864_19071459.jpg





e0209864_19072975.jpg


☆協力團體☆


☆大日本文庫


☆皇國同志會



☆登壇辯士☆


☆愛倭塾 小林 宏典 辯士


☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士


☆愛倭塾        平田佐喜雄 辯士


☆皇國同志會會長    花上  功  辯士


☆愛倭塾        山口 秀明 辯士






☆ 協力團體皆樣竝び參加會員御苦勞樣でした。

























































































































by iamhide3897 | 2018-10-30 19:01 | 報告 | Comments(0)

演説會

皇国同志會


本厚木驛


南口演説會

紀元二千六百七十八年十月二十一日

e0209864_18575632.jpg
e0209864_18581496.jpg
e0209864_18583907.jpg
e0209864_18585808.jpg
e0209864_18592738.jpg












by iamhide3897 | 2018-10-24 18:53 | 報告 | Comments(0)

群青忌

群青忌へ参加

e0209864_18510735.jpg



e0209864_18513609.jpg


紀元二千六百八十七年十月二十一日


時對協一同と共に會長が参加した。


by iamhide3897 | 2018-10-24 18:45 | 報告 | Comments(0)

演説會

第佰肆拾壹囘



愛倭塾



西葛西驛南口驛頭



定例演説會







紀元二千六百七十八年九月二十三日




☆協力團體☆




☆大日本文庫



☆皇國同志會



☆盛道烈士會





☆登壇辯士☆



☆愛倭塾 小林 宏典 辯士




☆大日本文庫      加藤 昭男 辯士



☆愛倭塾        平田佐喜雄 辯士



☆皇國同志會會長    花上  功  辯士



☆盛道烈士會會長    盛   義一 辯士






e0209864_18074753.jpg
小林 宏典 辯士



e0209864_18091284.jpg
加藤 昭男 辯士


e0209864_18100256.jpg
平田佐喜雄 辯士



e0209864_18104627.jpg
花上  功  辯士


e0209864_18112510.jpg
盛   義一 辯士


協力團體皆樣竝び參加會員御苦勞樣でした。




































by iamhide3897 | 2018-10-01 22:01 | 報告 | Comments(0)